逃げ的雑記 テーマ「車」 By Y平

さてさて、長期にわたって連載してきた「シャイアンの就活小説シリーズ」
投げやりに書きはじめたこのシリーズもなんだかコメント欄を見る限りでは
割と好評を頂いているようで、「文才あるね」「クオリティ高い」「童貞ください」
などと、拍手賞賛の雨あられ。
なるほど、僕ってけっこう文才あるのかな? いやあ、文才あるんだろうな!
皆があんだけ言うんだし。つーことはだ……俺っていわゆる……
才能の持ち腐れやってんじゃないっすかね?wwwwww
その……もっと天狗になってもいい時期なんじゃないっすか?wwwwwwww
何こんなとこで文書いてんのよ、俺さあ?wwww
作家になるしかないっしょー?wwwwwww
とかあらぬ夢を描きはじめる段階ですよ。学生ブロガーってホント馬鹿wwww 
血気盛ん、自信満々意気揚々の俺は自分の才能を武器に(したつもりで)大学を中退。
ブログに小説を書き綴り、コメント欄に「つかつまんなくね?」の文字を見つけ2日後に挫折。
履歴書に躍るは「大学中退」の四文字。
もう戻れない日々を、暗い部屋で悶々と思い起こし、家庭のDV製造機の名の下、
彼女婆ちゃん親兄弟にバッタバッタ殴りかかる構図です。
そして精神に異常をきたした俺は、世の中のすべてに向かって恨み言をつぶやきながら静かに生涯の幕を降ろす。
どぶしゅーう(頚動脈を掻き切る音)→BAD END。
ってなるところでした。あ、あぶねえ……危うく読者に殺されるとこだったぜ……
まあ、そんなノイズはおいといて、いいかげん毎日シャイアンシャイアン言うのも
飽きてきたので今日は箸休め。超くだらない日記などをご覧下さい。
シャイアンのぶん殴っても内定でないよブログはお休みです。
つってもちゃんと書いてるからね。ひ、ひええ! 殴らないで!)
----------------------------------------------------------------------—
●超日記●
先日、自動車学校の路上検定があったんですよ。
いや、この路上検定というのは、いわば免許取るための最終段階みたいなやつ。
これに受かれば「あんた運転超うまい」という社会的承認が得られ、
あとは二択の学科試験を合格すれば晴れて免許取得→140キロで首都高OK、
ただし命と引き換えに……ということになるわけですね。
つーことで僕も、免許欲しさに路上検定にチャレンジしてきたんす。
いやあ、これが中々緊張する試験でありまして、交通法規を少しでも
無視しようもんなら例外なく失格。停止線を一ミリでもはみ出せば失格、
制限速度を1キロでもオーバーしたら失格ってなもんで、
僕みたいな引きニート(握力12キロ)にはいささか難題すぎるワークですよ。
自信がなかった僕は、他の受験者の様子を見て心を落ち着かそうと努力します。
自分より下を見つけようとする心。
いやあ……今にも死にそうなお爺ちゃんとか受けてないかなあ、なんつってね。
したらダメ。みんな強そうだものな。不良不良、ヤリマンヤリマン。
どこもかしこも「運転上等」みたいな顔した強面ばっかり。
やべーよあいつら、半クラとか超うまそう。傲慢なマスクの裏に、
エンジンブレーキをたくみに使いこなすインテリジェンスを持ってそう。
……だめや。こいつらにはマリカーぐらいしか勝てへん……
そうやって周りの猛者どもに気圧されながらビクビクしてると、
隅っこのほうでいかにもダメそうなメガネ「神田君」を見つけた僕は、
思わずぺろりと舌なめずり。「あいつには人生的にも勝てそうwwwwww」とか
最低なことを思いながら心は湖面のようにおだやかに凪ぐ。人間って醜い。
さて、そんな周りのカスどもはほっといて、検定開始。受験者が二人ずつ車に乗せられます。
僕はどうやら二番手のようで、まずは見学。
一番手は、ステアリングというよりはシックスセンスでカーブを曲がってそうなパープリン、服部君の検定です。
僕は「どれどれ……お手並み拝見といきますかな」みたいな超余裕な態度で、
ライバル校の試合を観戦する魚住みたいな余裕っぷりで、ズブリと後部座席に身を投げます。
はらたいらさんにさんまんてーん
……
ぶふぉっwwwwww ヘタスwwwwwwwww
いやはや、教習で何学んで来たんすか先輩?
何サイドブレーキぎゃりぎゃり効かせながら発進してんすか?
監督官「サイドブレーキ!」
おわ、思わず監督官も言っちゃったじゃない! け、検定の意味ねええ!wwww
てか……ガクン! おま、ガックン……! ぶははwww ガクン!
……クラッチ勢いよく上げすぎだから! ガクガクなりすぎっすよ先輩www
皇室の車だったら、穏やかな雅子様も、さすがにぶち切れの状態っすよ。
……あ! 聞こえる……聞こえるよ服部君? ……愛子様がゲロ吐く音がさあ。
「ママあいつくびにちてー! オロロロロロロ」
ぎゃはははは。
こうして失意のまま服部君の検定は終わりました。ひゃー、こいつが受かるなら俺なんか神だわ。
技術的には拓海とうちのばあちゃん(無免許)ぐらいの開き。余裕。超余裕。
うなだれる服部君を後部座席に押しのけ、次こそ真打!
名古屋の藤原拓海ことY平さんの運転(と書いて伝説)の始まります。
---------------------------------------------------------------------------
検定の模様は音声のみでお送りいたします。
「はい、じゃあよかったら発進してね~」
「えっと、いいっすか?」
「はい! よかったら発進してね~! (イライラ」
●●●
「次、二番目の交差点右折しまーす」
「はい~」
「ちょ! ちが! ちがうよ! ここじゃないから!」
「え?」
「戻って戻って! 早く!」
「うわわわわわわ」
ギャルーンギュロロロロ!
カッチカッチ ジャキン カッチカッチカッチ ジャキン(ウインカーの音の連打)
●●●
「はい、じゃあそこらへんの安全なところで車止めてね~」
「はい~」
カッチカッチカッチカッチカッチカッチカッチカッチカッチカッチ
(なり続ける左の方向指示器)
「安全なところで車止めてね~。止めてねえ~!
ちょ、止めてね~! 止まって! 止まれ! 止まれ!」
●●●
「速度が遅い……」
「え?」
「……」
「すいません、もう一度言ってもらえますか?」
「遅い……」
「あ、はーい。 ここ50キロっすもんね~はははwwww」
「……」
●●●
ぎゃりぎゃりぎゃりぎゃりぎゃり(サイドブレーキをかけたまま発進する音)
「あ!」
「……」
----------------------------------------------------------------------------
かくして、教習所内にがっくりとうなだれる服部君とY平君の構図が完成されたわけです。
つか検定終わって、服部君抜きで反省会みたいのがあったんだけど、
平素はすごい優しかった教官に
「あんたの運転は、安全確認とか別にいいし、違法とかそういうわけじゃないんだけどさー。
自己中なんだよねマジで。周りが見えてないっつーかさ、そりゃ緊張もあるんだけどさ、
マジこれで路上出すの心配。っつーか他の車の迷惑。
40キロのとこで20キロで走る期間が多すぎるわ。
停車もウインカー出したらはよ路肩によらなかんしさあ。
俺が後ろのドライバーだったら「死ね!」って思うかもってか、思う。
はっきりしなかんてえ。いつか事故るにこんなんじゃ?」
わりと原文このまんまのことをズドンと言われて、軽く泣きそうになりました。
誰だよ藤原拓海って。死ねよ。
「ぜってえ落ちた……」「もっかい受けようぜ……」なんて話しながら
いつの間にか服部君と仲良くなった僕は、どん底に沈みながら発表を待ちます。
こんなときに友人からいきなり「検定おちただろー?ww」などと、
不謹慎なメールが届くのが憎い。マジあいつひき殺したい。
30メートルぐらい引きずって轢き殺したい。免許ないけど。
そのときです、俺をケチョンケチョンに評価した普段はものすごい優しい教官がやってきました。
ドックンドックン……
受験者に緊張が走ります。服部君と俺、そして交差点で止まっちゃったヤンキー鈴木君も、
一生懸命祈ります。メガネの神田は余裕しゃくしゃくです。あとでメガネ割ろう。
緊張の一瞬……!!
「はい、みんな合格でーす」
ひゅっ……みんなの肩の荷が降りた。ぴんとした空気が一気にゆるみ、
安堵の笑顔があちこちで浮かぶ。僕も途端に元気を取り戻し、
「つかこれで落ちるやつってどんなんよ?」みたいに調子こきだします。
マジ運転簡単だわwwwwwww
そのあとは感動も何もない、すげえ事務的な卒業式が執り行われ、
晴れて僕は自動車学校卒業ということになりました。
印象的だったのは、他の受験者たちは82期生とかだったのに対し、
僕は20期生だったことですかね。さぼりすぎだから、僕。網野か。
学科賞

そうそう、なんか知らないけど「学科賞」なんてこ洒落た賞も頂きました。
正直身に覚えがないのですが、なんか真面目にがんばったから賞です
みたいなノリで受賞しちゃったようです。
真面目に行く人が卒業に7ヶ月もかかるかってな話ですけど、
そこらへん学長は何考えてんすかねえ?
ちなみに神田も貰ってました。さすがメガネ。
しかしまあ賞、賞ですよ! いやあ、賞というくらいだから、
なんかイイもん入ってないといかんですよ。
金一封、悪くてもビール券5000円分くらいは入ってないと、潰します。
大型特殊自動車で車校ぶっ潰しますよ。免許ないけど。
ばあちゃんにあげた

銭湯無料券て
ということで、二度と僕は自動車学校に行きたくないです。
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在23位)


----------------------------------------------------------------------------
リンクに「田舎の公立高校から独学で東大合格!!」を追加しました。
うcら君、ご確認ください。

5 Replies to “逃げ的雑記 テーマ「車」 By Y平”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自動車学校お疲れ様です。
    私は卒検のときに、路上で子供が遊んでて
    かなーりぱにくった覚えがあります。
    前の人が縦列でぶつけて失格になるし。。。
    あんな緊張はもう味わいたくないです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まだ免許なかったんすかwwwwww
    とっくに取ってたと思ってたwwwwwww
    いや、今日の記事はアクティブ日記っぽいすね!
    懐かしいと同時に腹抱えて笑いました!
    個人的にはこっちも好きなんだけどなぁ(*^_^*)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんか、オフ会の帰りの電車の中でムトウくんと、
    「Y平くんてもう免許取ったよね?」
    「そりゃもう取ったんじゃないっすか?」
    なんて話してたこと思い出したw。
    うん。確かにアクティブ日記風だったね。これはこれで普通の多重人格とは別の意味でクオリテー高いよね。

  4. SECRET: 0
    PASS: 374fff6f35a11b69b57e947e7765fbca
    ぶはwwww
    ヤバイ、被ってるよ。
    俺も、免許取るのに、7ヶ月かかったし。
    仮免5連続落ち。
    本免、大雪の中、たった一人で受けたしなぁ。
    とにもかくにもお疲れ様ー♪
    くれぐれも気をつけて乗っておくれっ☆
    しっかし、クオリティーの高さに毎回脱帽だよ。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も『あれ、まだ車校通ってたの?』って思っちゃいましたw
    あとは免許センターですね!
    Y平さんならそこでもミラクル起こしてくれますよね(*´艸`)?
    そこで落ちる…とか←これ私(-"-;)
    免許証の写真はぜひ変顔で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。