バカマラソン ~裏切り編~

4月あたりから、ばあちゃんがPC室に住み始めたので
ずーっと深夜更新がはばかられる状況が続いていたわけ。
でもようやく、家の増築工事が終わり
ばあちゃんも新しくできた部屋に消え、
深夜更新可能です。
これからやっぱりダメ人間になるのかな・・・?
Y平です。
今日はこの前の「バカマラソン」の続き。
とりあえず読んでない人は「バカマラソン~出発編~」
読んでくらさい。
さて、名古屋から知多半島の先っぽ師崎(50~70キロ)まで
マラソンをすることにした、
高校二年生のY平二村(仮名)堀部(仮名)
マラソンで行くという計画だったのにも関わらず、
堀部のみは自転車使用可という
ワケの分からない堀部ルールに悩まされながらも、
順調に走ること数時間。
名古屋から東海市までやってきます。
(さあ、地図帳を開こう!)
東海市と言えば、名古屋で有数の工業地帯。
僕らが走ってる通りのまわりには
煙突やら自動車やらが
モクモクと有毒そうな煙を撒き散らしている。
そのせいか、もんのすごく空気が悪い。
半端なく悪い
そんな東海市の工業地帯を、僕らはマラソンをしながら
通り抜ける。
息を吸えば吸うほど、有害物質が僕らの喉を刺激し、
なんにも食べてないのに、口の中で
辛いような、苦いような味がしていたのを今でも覚えている。
こんなところ走る馬鹿は、僕らしかいないだろう。
しかし、逆にこういったイヤなところは
早く抜けたいという、二人(堀部除く)の暗黙の総意のもと
グンとペースアップ。
東海市越えは意外とすんなり達成することができる。
東海市を越えたあたりで、本格的に辺りは暗くなり始め
だんだん三人のテンションも落ちてくる。
しかも、間違えて有料道路
(高速じゃないんだけど高速みたいな道路?)に入り込み
トラックとかが80キロくらいで
僕らの横50センチぐらいを通る状況で
数キロ走った後。
変なおっちゃんに
「お前ら見つかったら捕まるぞ!」
とか脅され。
泣く泣く、その道路の入り口まで数キロ戻るなど
ハプニングが続出したせいで
疲労困憊。
堀部はケッタなので、そこまで疲労はしてない様子だが
僕と二村の疲労度が尋常じゃない。
これは長距離走ったことがないと分からないだろうが
呼吸が苦しいと言うよりは足が痛い。
というか、重イタイ。
かがんだりするだけで、激痛をともなう。
休憩しても、走っていても常に足が痛いので
自然、僕と二村はイライラがたまり口数が減っていく。
そこで自称マネージャーの堀部君が一言。
堀部
「お前らしゃべれって。
まじつまんねえんだけど。」

まあね、普段の僕らは
堀部を笑わす道化的ポジションではあるけれど、
走りながら
深夜に
足のマメがブチブチ潰れてるようなときに
堀部を楽しませるほどのトークレベルは
持ち合わせていない。
怒る気力さえ残されていなかった二人は
「つまらんから帰る。」と堀部が言ってくれるなら
むしろそっちのほうがいいので
相変わらずテンションの低いまま走り続ける。
誰もが
「なんでこんなことしてるんだろう・・?」
と思う中、走り続けること数時間。
ついに常滑市までたどり着く。
しかも、道路標識には
「師崎 30キロ」の文字。
あともう少しだ・・・!
二人のやる気は俄然上がり、ここへ来て
再びペースアップ。
だが既に深夜。
眠い、足イタイ、喉痛い(東海市の後遺症)、うざい(堀部)
あと僕の場合は、コンタクトしぱしぱ、という
さまざまなマイナス要因が響き、
すぐに僕らは動けなくなる。
やむなく、近くのコンビニに入り休憩をはかる。
はっきり言って、ここまで疲れると店員の目なんかクソ食らえ。
二村は床に座り込むし、僕は勝手に店員用の水道を使い
コンタクトをはずす。
堀部だけが元気に立ち読みなんぞしている状況。
そんなとき、一人のヤンキーが店内に入ってきた。
ヤンキーは、レジの店員と知り合いなのか
ヤンキー「おい、こら!加藤(仮名っつか覚えてるわけない)!
てめえ、まだこんなところでバイトしてんのか!?
殺すぞ!!
うむむ・・・レジの店員さん、かなりやられてるな・・
などと思いつつ、ヤンキーを見てみぬフリをしていると、
ヤンキーが何を思ったのか僕らに近寄ってきた。
そして
ヤンキーこらあ!
高校生がこんな時間まで何してやがんだあ!?」
renkou081.jpg

ひいいいいい!!ごめんなさい!!
敵意もないし、お金もあまりありませんよ的な、
100万ドルの愛想笑いをしていると、
ヤンキーはそのまま何もやらずに店内を再び物色し始める。
これ以上、ヤンキーに絡まれるのもよろしくないので
僕らは店内から出て駐車場で休息をはかる。
しかし、しばらく三人とも気絶したようにうずくまっていると、
ヤンキーが店内から出てきて、僕らに
ヤンキー「お前らいったい何しとんの?」
と話しかけてくる。
ここで下手な返しをして、怒らせでもしたらたまらんので、
正直に今マラソンをしていて
名古屋から師崎を目指してここまで来た、ということを説明する。
するとヤンキー、予想外にバカうけ。
さんざん「バカだ!バカだ!」と言いまくったあげくに
再び店内に入り、加藤に向かって、
ヤンキー「おら!こいつらの朝飯用意しやがれ!!
殺すぞ!!
などと、脅しをかけて弁当をタダで奪ってもらって来てくれる。
renkou082.jpg

まあ、当たり前のことだが、この弁当たち
すべて賞味期限が切れた廃棄のやつだったが
まさかヤンキーがここまで親切にしてくれるとは
思わなかったので、かなりやる気も高揚。
ヤンキーはそのまま「じゃあな。」と言って車で走り去る。
二村
「まあ、でも・・・
いい人ではないよね。」

確かに
と、三人とも共通の意見を持ちつつ
再び走り始める。
既に時刻は2時。
だが師崎まではなんとかして朝までに着きたい僕らは
深夜とは思えないペースでひた走る。
もう僕らの目にはゴールしか映っていない。
と、しばらく行ったところで交番があるのに気づく。
やばい・・・
僕らは高校生、通りかかって見つかりでもしたら
たちまち補導されるに違いない。
でもまあ、微妙に迂回することもできない道。
意味もなく、うじうじしていても仕方ないので
勇気を出して、
「深夜トレーニングで走ってます」みたいな体で
通り抜けよう、ということになる。
そうと決まれば話は早い。
僕は「深夜走ってるボクシング部」的な高校生を装いつつ
一団の先頭を走る。
そのときだった。
僕が交番を通り抜けようとするときに限って、
パトカーが駐車場からニョキリと道路に出てきたのだ。
そして・・・・
keisatu073.jpg

終わった・・・
全てが終わった・・・
当時、警察にお世話になるような子ではなかった僕。
その瞬間、本気で退学を覚悟した。
(今思えば、深夜徘徊くらいで
退学にされちゃたまったもんじゃないが・・)
でもまだ諦めるのは早い。
いま走ってるのは、ボクシングのトレーニングだからだ。
警官「おう、あんた、どっから来なすったあ?」
なんで僕が止められるんですか?意味分かりませんっていう
涼しい顔をしながら、質問に答えようとする僕。
ふと、後ろを振り返った瞬間、とんでもない光景を目にする。
keisatu074.jpg

二村と
堀部が
いない!!!!

そう、やつらは僕を置いて逃げた。
バカマラソン最終章 ~取調べ編~ に続く。
ひかれなければ続く。
ブログランキング参加中!DAIさん、ぶんぶんさん、
その他大勢の読者さん、
ひかないで!おねがい!みたいなY平に、救いの一票を!





renkou081.jpg

堀部の「堀」がまちがってる。別にいいけど。

11 Replies to “バカマラソン ~裏切り編~”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして(=ΦωΦ=)
    がんばっても授業中に笑いがこらえられなかった、ひぃ~ちゃんといいます。
    堀部さんは、ヤンキーの時も、
    警察の時も、どっちも脱走したんですねwww
    その脱走のすばやさに拍手ですww

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うわあっ間違えて名前だけ送信しちゃったかも・・・?!それにしてもそんな長距離走れるなんてすごいですね!!さすが男の子・・・私なんて1キロ走ったらもう死にそうですよ(゚o゚)田舎のコンビニにはその手のヤンキー出没しがちだから気をつけて~今後の展開に期待大です!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そんな熱い学生時代が欲しかったです。
    早く続きが読みたいです。
    続きアップされるまでSAGAでもしつつ待ってるだーよ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こつぜんと消えた二村君と堀部くんのイラスト表
    現で思わず噴き出してしまった~。独りで。
    こんなチャレンジ精神むき出しの高校生活の思い出なんてうらやましいですタイ!
    続きも引くことなく是非見ますとも☆
    そういや、僕の「記念すべき2000人目」の投稿はカウントしなくてもよかったのに。 笑
    次は僕が投稿しやすZE!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ひぃ~ちゃん>
    はじめまして!久しぶりに全力で書いたものだったんで、
    笑ってくれると助かります。ってか癒されますw
    奴らが逃げたと分かったとき、頭が真っ白になったのを覚えてます。
    あのときの愕然とした感覚は・・・すごかった。
    よしのさん>
    そう!田舎のヤンキーだった。怖かった。
    でも一番やだったのは加藤さんだろうな・・・
    今後は、二村と堀部の動向が見ものです。
    Sioyakiさん>
    熱い・・・っすかね?
    自分でもちょっとやりすぎたなあって思ってるんですけど。
    まあ、続きは気長に待ってやってください・・
    ねむいよう・・・
    ぶんぶんさん>
    よかったあ、ひかれなくて・・・
    他にも僕らはいろんなことに挑戦してるんで
    またどんどん書いていきたいと思います。
    では投稿おねがいします・・・この記事作るのに
    三時間以上かかったのはココだけの話。
    あとはまかせた・・・ ぐふ。

  6. SECRET: 0
    PASS: 505ee3d25bcf07d7eea750ec0075ab9f
    ヤンキー、かっけぇ!
    そーいや中学んとき、何故かヤンキーの先輩のほうが優しかったYO!!!
    肉マン買ってくれた。
    やっぱ最後はモノで釣られる。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ちょんさん>
    ヤンキーかっこよくない 苦笑
    でも、そうだなあ優しくされると確かに優しいなあって、
    特別に嬉しく思うのも事実。
    いや、でもね。そんなに特別に思うこともないじゃんって思うの。
    要するにヤンキーの優しさは、一般人の優しさより
    目立つような気がする。おんなじことやってもね・・
    って支離滅裂う^!

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    待ちきれない!!
    早く続きが見て見たい。
    それにしても表現力というか、なんと言うか、読みよってイメージしやすくってのめり込んでしまう文才すばらしいです!!  絵も最高だけど!!!!!
    早く早く。。。。(ってせかしすぎですか?)

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Mikuさん>
    そんじゃあ今から書きますか・・・
    とりあえず僕のメインの日記を更新してからだけど。
    そうだな・・・六時間ほどお待ちいただければ書けるかと・・
    ・・・たぶん書けない。死ぬ。とりあえず今日は
    アクティブ日記のほうだけ更新します・・

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やべぇ。レベル高ぇ。
    Yさんの記事。
    しかもYさんが「絵」を効果的に使いこなすなんて・・。おまわりさんとかだいぶ”っぽい”っすよね。
    ブログに3時間もかけるなんて。すごいなぁ、Yさんは。 オレなんて15分くらいでチョイですよ。チョイ

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    だってこれがんばったもん~・・・
    夜中にスキャンしたり絵をペン入れしたり、ほんと何やってんだ
    って感じでしたよ。アホですよアホ。
    今日も疲れてる~・・・また寝ます、ぐう~・・
    二度寝ぐう~・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。