シャイアンのぶん殴っても内定でないよブログ その4 By Y平

シャイアンのぶん殴っても内定でないよブログ
その1 その2 その3
————————————————————————–
例えば誰か、立派な偉人の伝記を読んだとき。例えば誰か、立派な人の講演を聞いたとき。
俺は、「ようし、俺もやってやるぞ」と一念発起。
明日からは早起きをし、勉強をきちんとして、
ハキハキしゃべり、就活もバリバリし……と夢見るのだ。
だがその決心は、だいたい三日で挫折し、俺は
「人がそんなすぐに変われるわけがない」
と、半ば諦めの目つきで、もしくは悟ったようなフリをして自分を正当化する。
少しずつ変わっていくしかない。それは確かに正しいことなのだろうが、
俺は、その言葉を簡単に口にし、現実から逃げる。自分を成長させるのを拒む。
めんどくさかったり、他にしたいことがあったり、
大概は取るに足らない理由で、決心はもろくも崩れてしまう。
そんな自分の怠惰を憂い、心の中でグチグチと呪ったところで
なんの解決も見出せないことを俺は知っている。
努力のできない人間が上にのさばることなど絶対にできない。俺はそれを知っている。
だが知っているということがどれだけ俺の救いになるのだろう?
俺は知っているだけだ。物事をよく理解してるような顔をしながら、
頭の中だけで高尚な理論を振り回す。それだけだ。たったそれだけ。
ノベタを訪ねるのは、俺にとってなかなかに骨の折れることであった。
俺はノベタの家の前にたどり着くと、ある種の恐怖感でいっぱいになり、
呼び鈴が押せなくなる。
もしノベタがツネオやシスカちゃんのようになっていたら……
あの愚図でのろまのノベタまでもが、立派な就活生をやっていたとしたら。
俺はいよいよヤツを殴ってしまうかもしれない。
「殴ってしまうかもしれない」
俺が恐れているのは醜い自分であった。他人が成長し、それを素直に受け入れることもできず、
嫉妬の波に溺れるどうしようもない自分が恐ろしかった。
もし俺がノベタを殴ろうものなら……それは自分自身を、自分の心を殴るも同然の行為である。
俺はそれが怖かった。
ならばなぜノベタと会いたいと思ったのか? それはやはり……
そんなことを考えながら、ノベタの家の前でモジモジしていると、
唐突に2階の窓が開いた。
そこには懐かしい友人の顔――少なくとも俺はそう思っている――がある。懐かしいメガネ。
ノベタの家に上がると、ノベタはパジャマ姿で俺を迎え入れた。
顔にはもう何日も剃っていないと思われる無精ひげ。
顔もろくに洗っていないのか、なんとなくくすんだ色の肌をしている。
「シャイアンが来るなんて何年ぶりだろうね!」
嬉々として俺に話しかけるノベタの表情に、
「久しぶりの友と会う感慨」以外に感情は読み取れなかった。
純粋。こいつはいつでも純粋だ。他意がない。
喜色満面、無邪気に喋るノベタに案内されて、俺はヤツの部屋に入る。
部屋には湿った空気、それも人間の生活感を想起させるニオイをはらませた空気が充満していて、
少し圧迫感がある。
5畳ほどの部屋の中央に、ペチャンコの布団が鎮座していて、
布団の隅々には雑誌が散乱している。
部屋の一角には、ファイルと分厚い本とが乱雑に積まれていて、一つの山が形成されている。
枕元に開いてある雑誌には、「伊藤つばさスピード離婚!!」という見出しが書いてあった。
机には不均等かつ不安定につまれた本の山に、斜めにノートパソコンが開いてあり、
その後ろの窓から、まぶしいほど日光がさしこむ。が、部屋は仄暗いままだ。
俺は心の底から安堵を感じた。なあに、ダメ人間は俺だけじゃない。
ノベタはやはりノベタだ、案ずることはない。
そう考える俺がいて、意味のない安堵に身をゆだねる俺がいて、
一方で「だから何だ?」と問う俺もいた。
その問いは、俺にネットリとからみつき、心に不快な薄幕をはる。
とたんに息苦しくなる。
汚い部屋、堕落した自分、昔いじめられた友人。あらゆる事象を無視して、
ノベタはただただ喋り続けた。無邪気に、笑顔を絶やさず。まぶしいほどだ。
たまらなくなって俺は聞いた。
「お前、就活どうしてる?」
勢いよく喋り続けてきたノベタが、一瞬ぴたりとたじろぐ。
が、しかしたじろいだ時間は、気づかない者なら気づかないほど僅かで、
つまりはノベタは自然に振舞っているように見えた。
「やあ、全然ダメでね。でへへ」
そりゃダメだろうな。と思う自分を必死に抑える。
「シャイアンはどうなの?」
そう言うノベタの顔に、内定の出ていない者特有の卑屈さは感じられない。
いや、もしかしたら必死に顔に出るのを隠しているのかもしれない。
「まあ俺も、ダメだな。面接はけっこうしてるんだけど……」
嘘ではない。確かに面接はしているのだ。
「けっこう」と言えるのかは分からないけれど、確かに。
そう考えた後、俺はいったい誰に弁解しているのだ? と思う。
「たくさん面接受けてるの? うーん、すごいな。
僕はたまにしか受けらんないもん。なんか億劫でさ」
共感。俺は激しく共感した。めんどくさくて受けられない。
その意見をノベタから聞いて、俺は思わず笑いそうになる。
馬鹿にした笑いではない、仲間がいることを知った喜びの笑い。虚しい笑い。
ポツリポツリと就職の話をしたのち、俺達はどちらともなく話題を打ち切った。
それは双方とも就活がうまくいっていないことの証明のようで、
なんだか腹が立ったのだけれど(誰に対して?)、俺はノベタとの再会を楽しむことに決めた。
ノベタは、ツネオやシスカちゃんとは違い、堕落していて、享楽的。
他人に優しく、自分に甘く、やはり他人に甘かった。そう思えた。
俺は「だからこいつ、好きなんだよな。」と思った。(自分の仲間であることが)
俺達は、昔懐かしいバカ話をしながら、汚い部屋でテレビゲームをして遊んだ。
相変わらずノベタは下手くそで、俺は幾分か気まずい思いをしそうになったのだけれど、
ノベタは楽しそうにしていた。その楽しそうな顔を見て、安心するとともに、
俺達はこれでいいような気になってきた。
と、突然後ろのドアが開いた。
俺とノベタは、ビクッとして後ろを振り返ると、
満面の笑みを浮かべたおばさんが立っているのが見えた。
「あらタケシさん。ゆっくりしていって下さいね」
優しくそう言うと、おばさんは少しだけ荒々しい音を立てて、ドアを閉めた。
俺は見た。ニコニコ笑うおばさんの目の奥に、とてつもない怒りが混じっているのを見た。
それは怠惰な息子に対するものなのか、息子を遊ばせる原因になった
俺に対してなのかは分からない。
だが、おばさんの登場で、一気に俺達の楽しい空間はぶち壊された。それは確かだった。
テレビから聴こえる、派手な爆発の音や効果音だけが部屋に響き、
俺達は作り笑いを浮かべながら黙ってゲームに興じた。空気が重い。
就活という名の現実が途端に俺達の前に立ちふさがっていた。
いや、最初からあったはずだ。俺達はそれから目を背け、いっこうに前を見ようとしない。
ノベタは突然すっくと立ち上がると、ニコニコしながらこう言った。
「シャイアン、ヘルスにでも行こうか」
俺の心の中は、最早罪悪感でいっぱいであった。一刻も早く家に帰りたかった。
どう考えても、光の見えない道へと歩き出す俺達は、
しかしそれでもどうしようもなく寂しくて、歌舞伎町へと歩を進めるのである。
続く
——————————————————————————-
すいません、終わりませんでした。
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在18位)

“シャイアンのぶん殴っても内定でないよブログ その4 By Y平” への20件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    taksくん>
    ちょっと悲しげなラストにご期待くださいな。にしてもこれ、なげーよ。がっかりだよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 31863d3490a4a290126c6042498d1c8f
    拝見しました。
    モラトリアムで積み上げてきたもの、それは本当に十人十色で、共通部分も全くない、各々が完全な独立なんだろうと思います。
    で、その積み上げられた一つ一つにどのような価値があるのか、それを測る術も存在しない。
    モラトリアムの総括の象徴的なイベントとしての「就活」、ただ、果たしてそれが、真の意味での総括として、うまく機能しているのかどうか。
    「それが大人ってことなんだ。」
    みたいな簡単な言葉で片付けちゃうのは、まぁそれも大事だとは思うけど、例えば自分のことについて、誤魔化さずにきちんと考えてみると、難しいし、ちょっと悲しくなってきます。
    社会における価値観は、ある程度、画一化することができると思います。
    分かりやすくいえば、のび太くんはダメで、しずかちゃんはOK、そういう区分けをしちゃう価値観。
    そんな価値観の元、モラトリアムはどの様にあればいいのか、というか、モラトリアムをどのように見なすべきなのか。
    やっぱりこれは永遠のテーマなんですねぇ。
    のび太とジャイアンのこの終わり方、私は好きです。
    ネタとしても、タイムリーな「ゆとり教育」関連だと思うし、そのエグいところを残酷に描いたこのお話は、特に、多くの教育に携わる人間に読んでほしいと思いました。
    あと、就職までにまだまだ時間のある多くのお子様にw
    ただ、私は、ジャイアンのハートを痛めるいろんなことについて、見ざる聞かざるで押し通したいですねぇ。。
    現在社会人一年目の毒りんごですが、安定したお給料やらぼちぼちの社会的ステータスやらが手に入って、じゃあそれらが私のモラトリアムの総括なのか、そう考えるとすごく鬱になってしまう瞬間は、日常でもよくあります。
    継続してきた過去は、果たして今のためにあったものなのか、疑問です。
    長々とすいません。
    そろそろ終わろうと思います。
    ジャイアンのいろんなものに向けられる猜疑、つぶやくような慟哭、Y平さんの見事な文章で、すごく面白く書かれていたと思いました。
    これからも頑張ってください。
    心から応援しています。
    というか、切磋琢磨でがんばりましょう~☆
    あと、ジャイアンもそうだし、私も、っていうか、誰にだって手遅れってことはないのかなーとも思いました♪
    長々とごめんなさい;;

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    毒リンゴさん>
    待って! これ、まだ終わってない! これで終わったら全然ダメなんすよ。
    おそらく第6話ぐらいで完結する予定。この終わりじゃ悲しすぎるので……
    やつらはやつらなりの道を見つける系のエンドを考えてます。
    もちろん、現実感ありありで甘くはない結末ですが。人間ってそんなもんだよな、みたいなやつを。
    しかし一番問題なのは僕の根気のなさです。これいつ再開する気になるか……

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    毒りんご。さん>
    つか今見たらこの作品見れたもんじゃないなって気がしてきた。
    もっと頑張ろう……
    ちなみに僕はビールはアサヒ、ワインは赤がすき。
    泡盛もけっこう飲みます。えっと何だろうこの自己紹介タイム(笑)
    とりあえずテスト勉強しやーす。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして(o´∀`o)
    ツネオが自分の道を自分で切り開けようとしているのを知って嫉妬しました。
    ノベタが昔と変わらぬ(?)生活をしているのを知って安堵しました。
    どちらも私にとって,心の底から嫌な奴だなと
    自分で自分にそぅ言ってあげる事しか出来ないのがなんとも寂しいです…
    分かってるんだけど見ていたくない。
    これがとっても重かったです;;
    >>俺は、その言葉を簡単に口にし、現実から逃げる。
    ハッピ-エンドにはならなさそうだけど,
    それはそれで続編,楽しみにしてます♪

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    めりいさん>
    ああ、すっごくやる気になりました。ありがとう。頑張って再び書いてみます。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そのように言って頂けて嬉しいです(o´ω`o)
    とゆぅか,私だけ時期がかなりずれてますね;;
    お返事貰えて嬉しいです
    待つのも好きなのでゆったりしときます
    それではおやすみなさいませ

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あの「就活に活き活きと打ち込む人たち」に対する嫌悪感がどこから来るのかこの文章を読んでようやくクリアになりました。
    誰もが昔抱いていたそれぞれの夢。
    それを諦め、人生を磨耗することを選んだという象徴として、私たちはリクルートスーツに身を包み、就職活動をするのですね。
    (もちろん一部の人々は夢に向かって就職活動をするのでしょうが)
    自己分析の結果「やっと分かった自分がなりたかったモノ」など後付けにすぎず、私たちは夢や希望を捨て、くたびれた無表情なサラリーマンになるために就職活動をします。
    なのに、なんでそんなに幸せそうなフリをするんだ?
    なんでさもこれが自分の夢だったかのように、積極的にリクルートスーツを着ようとするんだ?
    人生を賭してやりたかったことはこんなことじゃないだろ!
    その一方で、社会からはじき出されることを恐れ、挑戦的な一歩を踏み出せない自分。
    Y平さんのブログは真理だと思います。
    なんでみんな笑いながら就活できるんだろう。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ダンボウルマンさん>
    書いた当時はダンボウルマンさんのように思いながら書いてました。今は、就活してる手前、後ろ向きなシャイアンが歯がゆく見えたりしますが(笑)
    ただ、今でも自分がなりたかったものに一直線に突き進まないで、妥協して社会の歯車として働く。そういう人にうそ臭い自己暗示の空気を感じます。だからと言って、自分が大きく外れた道を歩めるとも思えないのが辛いところですね。
    大学2年のとき、友達の友達(つまり他人)が小説家になるとか言って退学したとかいう話を聞きました。でも、今思えば普通に就職していっぱい社会経験してから、小説家になる道もあるんだよなあとか思ったりします。
    うそ臭い笑みを浮かべた就活生の中にも、今は就職しちゃうけど、夢は諦めてない。いつか夢をかなえるんだ、なんてやつもいるかもしれません。そう思うと、嘘つき就活生を、おおくくりにして夢捨て人と言うのは、まだ20何年かの人生では分からないかもしれない、就職したことで夢を広げる可能性もあるかもしれないなとも思います。
    これ、確か一年半前(大学3年のとき)に書いたやつで、当時は就活とかしてなかったはずなんすけど、よくもまあこんなナルシスティックなのを……続編書いてみたいっすけど、どうなるかなあ。昔の記事にコメントありがとうございました。

  10. SECRET: 0
    PASS: 105a44d64e0e1d68eca78c29fd528ece
    (* ̄ρ ̄)”ほほぅ・・・
    案外、色んな人が読んでくれてて、期待してるみたいですね♪
    これはY平さんの就職云々に絡ませて(お話の中にY平さんが登場するとかw)、続編書くっきゃないですねーww

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今更ながら読ませていただきましたが、
    とても心打たれました。ぜひ続編を!

  12. SECRET: 0
    PASS: fb520db6ec781b30dcd4c3aab0a0fe01
    現在のブログが面白いので最初から読みふけってここまで辿り着きました。未完な作品なのが本当に残念なくらい魅力的!
    この頃と今では状況が変わってしまっているのもあってきっと完結することはないんでしょうね。
    昔のページにすみません (汗

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あかりさん>
    うわー!!!! 今年一番嬉しい!! コメントありがとうございます!
    これ、完成させようと社会人になってからも必死に書いて、書いて。。。
    モチベーションあげようと2chにも投稿して。。。
    でも書ききれなかったやつだったんです。
    自分で言うのも何ですがこれ面白いですよね(笑)
    なんというか今の自分からするとまるで他人みたいな感性で、
    読み返すと新鮮なんですよね。
    ともあれ久しぶりにコメント荒らしの通りすがり野郎以外から
    コメントいただいてとても興奮しています。
    また何かご感想があれば、叱咤激励、よろしくお願いいたします!

  14. SECRET: 0
    PASS: fb520db6ec781b30dcd4c3aab0a0fe01
    そうですか!コメントして良かったです!(^_^)この作品、設定が面白いのはもちろんだけど心理描写も状況描写も克明なので共感する部分があったり、場面が目に浮かんだりでワクワクしました。状況が変わると考え方も変わるしどうしても書けなくなるのはありますよね。
    でも今の何気ない日常のブログも読んでてすごくホッとするし表現が面白いかつ相変わらず詳細だからすごく楽しいです。そう思ってる隠れ読者たくさんいると思いますよ!

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あかりさん>
    そう! 描写すげえっすよね。僕は商店街をツネオの車で走ってるところが超好きなんすよ。これ書いた人なかなかやるなって思います。まあ自分なんすけどね 笑(この自画自賛っぷりはやばいw)
    今も楽しいって言ってもらえてすげえ嬉しいっす。いや、今も楽しく書いてはいるんですけど、この頃の勢いあるときと比べるとイマイチだなあと悩んでたんです。でもこれはどっちが良いじゃなくて状況と性格が変わったんだなと自分でも思います。
    実は今も小説を書いていて、今春、同人即売会に出店&Amazon Kindleで書籍化を考えています。そのときはまた是非読んでいただけると大変大変嬉しいです! 宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。