ラストヒゲザムライ By Y平

朝起きる。布団を出る。顔を洗う。
その段になって、自分の顔に無数に生えている無精ヒゲを見て愕然とするわけで。
はっきり言ってしまえば気持ち悪い。自分で気持ち悪いと思えるレベルなのだから、
これは相当の不細工ヒゲといっていいだろう。
例えるなら、クレヨンしんちゃんの野原ひろしレベル。大根もおろせるぐらいのヒゲ。
これはいくらなんでもやばいだろうと。早いとこヒゲを剃ってしまおうと。
……まあ待て、ちょっと待て。一寸、考えてみよう。
ここまで生えてしまえば、なまじ剃ったところでどうなるのだ?
とも思わないか。いや、思う。
こんな剛ヒゲ様、キレイに剃りきれるとは思えぬし、剃ったら剃ったで、
100%青くなることは必死である。野原ひろしから、
保毛尾田保毛男[ほもおだほもお]への進化。
この進化は果たして僕に対価を与えうるのだろうか。否。
メノクラゲからコイキングに進化するに同じ。ということで僕はひげを剃らない。
次は、服を着る。いやはや所詮、僕もオスである。メスをひきつける孔雀よろしく、
愚かしいほどに身を飾る愚者である。
内面磨きとかそういうのは後回し。ぶっちゃけ外見すべてっしょ?
軽い頭で、言ってのける愚者である。
愚者は愚者らしく、意気揚々、
「さあ、女心を刺激するチャライ服に、今、袖をとおさんとす。」と高らかに宣言。
指が、腕が、そして肩が、黒いジャケットの袖穴に順番に挿入されていく。
……いや待て、待たれい。世の中にはバランスというものがあるのだよ。あんた。
一寸、考えてもみなさいな。あんた。
あんた野原ひろしなんだよ。顔もヒゲも野原ひろしなんだよ。
野原ひろしが玉木宏ルックのジャケットを着てどうするね?
玉木ルックの野原ひろしがもてるだろうか? もてない。もてるはずがない。
所詮はちょっとファッションを頑張ったヒゲである。野原は玉木には永遠に変われない。
服は玉木、顔はひろし。なんつーか、昔しょぼかった友達が、
今になって不良ぶってるみたいな。そんな悲しさを感じる。
つまりはバランスが悪いのだ。
ひろし顔に見合ったファッションをせねば、逆に気持ち悪い。
なまじオシャレするよりかは、野原ひろしらしく、もっさい格好をしたほうがいい?
試しにジャージを着てみる。うむ、このフィット感。最高である。
やはり僕の顔程度では、ジャージ以上にオシャレな服は着ないほうがいいようだ。
大学に着く。ヒゲもじゃもじゃの友人が、
ジェットストリームアタックのような動きをしながらやってくる。
「やっべー、昨日めっちゃAVダウンロードしちゃった! 素人モン!」
教室で叫ぶ友人。メスのいない教室。僕はヒゲ面をくしゃくしゃにしながら叫ぶ。
「俺も昨日は三回したなー、オナニー。デブモノで」
工学部ってオシャレしたり、気取ったりしなくていいから楽だよなー。
----------------------------------------------------------------------
さて、そんなことは置いといて、先日ラストサムライを見たのです。
そこで改めて思ったね。俺はトム・クルーズに似てるって。
まあ聞け。だいたいのストーリーは、トム・クルーズと渡辺健が、
「開国シテクダサーイ」とか言うハリスだか小倉ありすだかよく分からない外人相手に、
「俺はサムライだ!」とか何とか言って、頑として反抗するって話。
他の日本人は、事実上外国の言うとおりにしちゃってるのに、
最後まで「サムライ」らしく武士道を通す。そして武士らしい死……いや、生き様を!
みたいな。
つーか、な? これ、今の僕にそっくりじゃんね。
ファッション(外国)に流されてチャラチャラ身を飾るやつは、
外国に屈した情けない日本人ですよと。
んで、「服は専ら機能性」という、本来の目的(武士道)を通しきる俺は、
まさにトム・クルーズ、渡辺健(サムライ)。
愚直に世相に反するその姿勢は、多くの者の心を揺らし、
古きよきジャパンを思い出させる(注:日本ではない)。
こういうロジックが成り立つわけですな。
つまり、あんた達みたいなのは、ラストサムライで言うと、
トム・クルーズ(俺)を引き立てるための脇役。
小奇麗な格好で「俺(私)が主役よ!」みたいに輝いてるフリしてるお前らは、
本当は主役にはなれない一辺倒な人間なのだ。
俺(トム・クルーズ)こそが主役。輝いてるのは俺(トム・クルーズ)、
かっこいいのは俺(トム・クルーズ)なのである。
-----------------------------------------------------------------—
しかし、サムライは華々しく散ることがセオリーとなっているようで。
つまり僕は破綻が約束されているというわけだ。
今日ジャージで名古屋歩いてたら、昔好きだった人に会った。
「え、その格好、ありえなくない? つか……別人……?」
だってさ。全然悲しくねえ。
-----------------------------------------------------------------—
でもほんとにトム・クルーズには似てると思う。ヒゲの生え方とかが。
まったく悲しくない。
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在11位)

“ラストヒゲザムライ By Y平” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 昔しょぼかった友達が、
    >今になって不良ぶってるみたいな。そんな悲しさを感じる。
    これは本当にみてて悲しいです。
    しかし、トム・クルーズならだっさいジャージでもかっこいいのが現実。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    前は面倒でも口ひげだけは手入れしてたけど、
    最近はそれすら億劫で不精が武将ってるよ。
    伸びすぎて信長みたいになりそう。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    aさん>
    いや、トム・クルーズが股引みたいなの着てたら……うん、まだかっこいいか。
    でもヒゲ濃いよ。
    バル君>
    いやいや、僕なんかマジもさもさ。バル君なんてツルツルじゃねーか。
    ……つーか、バル君はひげがあっても、筋肉あるでかこいい。
    ヒゲには筋肉が必要不可欠だと思ってる僕よ。僕も筋肉あれば……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。