別に何もめでたくない By Y平

風呂が嫌い。いや、正確に言うと嫌いになった。
なにが嫌いってあの無防備な感じが至極嫌い。
考えてもみなさい。あのとき、シャンプーとかしてるときにですよ?
東海大地震が起きたなんて考えてみなさい。
助からぬ。絶対助からぬ。よしんば助かったとしても風呂場倒壊。
僕は浴槽のわずかなスペースに閉じ込められるのだ。
水があるので何日かは生き延びると思われがちだが、
その後やるせないほどの寒波にやられ、凍りつく。死ぬ。裸で死ぬ。
凍死した僕を見つけた救助員は三年後。酒の席にて
「凍死した人のチンコ、マジちいせえからー!」
とか下衆なジョークを吐くのだ。幽霊になった僕はそのアホの枕元に立ち
「寒いときは仕方ない寒いときは仕方ない寒いときは仕方ない」と
ブツブツと恨み言を吐きながら逝く。侮辱。なんたる侮辱。
また運よく逃げおおせたとしても、僕は裸である。
寒さで縮み上がったチンコを近所中の人に見られるわけで。
「ちっさ」みたいなヒソヒソ声が聞こえる中、
僕は「しかたねーだろーがよー。寒いとこうなるだろ? な? な? な?」と
周りに同調をあおる。しかし服のある男共は
「いくらなんでもあの小ささはない」なんてしたり顔。
僕は「じゃあテメエ脱いでみろや」などと叫びながら、
男どものズボンをさげにかかる。
そうすると僕はたちまち変態のレッテルを貼られ、皆から迫害を受ける。
「おい粗チン!」「てめえにやる配給はねえ!」「近寄らないでよ変態!」
「みんな大変なのにお前ってやつは!」
集団の団結を深めるには、一人の敵を作るのが上策。
僕は甘んじてその一人の敵になってやる。僕が迫害を受けることで、
震災後の皆の団結を確たるものにするのだ。醜い? 違う、これは道理だ。
殺伐とした避難生活は、僕という格好のサンドバックによって、均衡を保つ。
しかしサンドバックの奮闘空しく、
後に映画化されるのはもっぱら救助隊の話ばかり。
本当の英雄は僕なのに。いつだって世間はそう。
本当のことは何も分かっちゃいない。
まあそんなことはいいとして、普通にお化けが怖い。
シャンプー中に背中に誰かいる気がする。
やばい、着信アリ見るんじゃなかった。怖い。美々子いる、ぜったい美々子おる。
俺の背中で包丁持って立ってる。
ならばどうするか? 回転すればいんじゃね? 僕は背後をつかれない様、
クルクル回りながらシャンプーをする。当然目はガン開き。
ときおり天井を見るのも忘れない。すぐ足元にいるみたいな、呪怨スタイルも考えられる。
下も見る。上も見る。回転する。こける。痛い。
背中にいるのは美々子。痛いと思ったら包丁刺さってる。そりゃ痛いわーかなわんわー
大晦日の話。僕はすでに2日風呂に入っていない状態です。
まあそれでバイトに行っちゃったりするんですが、たぶん臭ってはない。
髪がなんかベタベタしてて、デフォルトでワックス付けたみたいに
なってたけど、まあよし。ワックスと認識してレジを打つ。人間割りきりが大切よ。
バイト終了後――
「紅白に胸出た! 胸出た!」などと一人ヒートアップした父親を持て余しながら、考える。
時刻は23時。僕は2006年を、もっとも汚い状態で終えようとしているのだ。
それはどうなんだろう? 折角だからたまには風呂に入ってもいんじゃねーかな。
だなんて一瞬常識を取り戻すのだけれど、そのころ風呂場では美々子が
僕の背後をどうやって取ろうか思案しているわけで。
「マジあいつの回転やっかい」だなんてブツブツ言ってる美々子がいるわけで。
それを風呂場のスキマから見ている僕がいるわけで。
「ひええ、やっぱダメ、風呂ダメ」情けない声をあげ、洗面所から逃げ帰ると、
DJオズマの動画を必死にyoutubeで検索している父親の図。
「あいつ面白いなー。だって紅白だよ!?」
やめて、僕はあなたと下ネタを話したくない。親と下ネタ嫌い。
ならば再び考える。2006年の垢を2006年に落としきる道理はない。
人は忘年会だとか、風呂にはいるとか、汚いモノ、嫌なことを
デリートしようみたいなイベントに熱を上げてるみたいだけども、一寸待て。ウェイト。
人間の成長は嫌なことを抱えながらも、必死に生きていくことにあるのではなかろうか?
マイナスを全てなかったことにして生きるのは、成長のない人生だ。
マイナスこそ人間の成長である。と僕は思った。
というところで、僕が風呂に入る道理はなくなった。やった-。
さあ、2007年を垢だらけの体で迎えた僕から、
清潔で常識的な皆さんへ愛を込めて。
「着信アリは糞映画です!」
大晦日からずっとバイトだよー^^ ちなみに昨日も風呂入ってねー
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在11位)

“別に何もめでたくない By Y平” への5件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >シャンプー中の背後にお化け
    むっちゃ分かる。さすがに最近はないけど、小学校のときは本当に怖かった。
    ていうか記事全体にワロス

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    久しぶりに風呂はいると気持ちがスッキリだよね。
    頭フワフワな爽快感。いや、こんなんじゃダメなんだってば!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    僕も2007年は垢らだけの体で迎えてしまいましたよ・・・
    本当に最悪でしたが!が!
    「人間割りきりが大切よ」というY平さんの言葉が僕を救って
    くれました(大げさ)
    ありがとうございます★

  4. SECRET: 0
    PASS: 6e0e7c02e49bed86731b4344f0b63809
    初めまして。
    お風呂は入った方がいいですよ。
    私もからすの行水ですが・・・
    今年は「爽やか」を目指してみるってのは
    どうでしょうか???

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    taks君>
    ようやく怖くなくなってきた。お化けいない。
    記事全体お褒めありw
    じゅういちさん>
    おお、じゅういちさんも? いいねえ。じゃ僕も入らないっと。
    久しぶりに風呂はいる気持ちよさを体感できる僕達は幸せ。だめ。
    ヒロリンさん>
    あれ? 意外と風呂はいらない率高いなあ。まあ最近では僕も風呂はいるようになりました。
    やっぱ大変なことが終わると、生活って安定するよね。
    風呂はいらなかったのは実験のプレッシャーのせいでした。なんつーか億劫でね。
    姉さん>
    今年さわやかめざすぞーっつって爽やかになれたら……どれだけ楽か!
    これは常日頃からの心がけ。ずっと頭の中で爽やか爽やか唱え続け。
    また、「俺、爽やかだから」なんて口に出して言う。
    こうすることで、自分が爽やかになったような暗示がかかり、
    その暗示が本当の爽やかさを形作っていく。人間ってそんなもん。
    それにはまずは風呂ですな。風呂はいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。