成人の日 By Y平

本日二回目の更新です。って言葉は僕の鼻毛ぐらいの価値しか持ち得ない。
まあ、そんなことより成人の日。成人式の話をする。
いや、今年も滞りなく成人式が行われてよかったです。沖縄県那覇市。うわさでは、
一箇所に集まった新成人どもが、ねじり鉢巻、羽織袴。お酒片手に近所をまわり、
「これから社会のために貢献しまあす!」
などとメガホン介して大音量の大宣言。ワオンワオンの大合唱。近所の犬は吼えまくり。
「鏡割りじゃあ!」
と叫べばマッポ先公飛びにけり。マッポに連らるる馬鹿を見ながら、
気取ったメスが口を割る。
「あたしらもう大人だからぁ。あんなこた、しない」
そう言うメスはタバコをプカプカ。実はまだこの日このとき19歳。プカプカ。
違法違法の無法地帯。終いにゃ元気横溢、性欲絶頂。
「こんな日は男と寝てええええ!」
と大音声(だいおんじゃう)でのたまいけり。
「これが大人……」
苦笑いするは40代の「真」成人たち。顔にあいつら馬鹿じゃね? って書いてある。
隠せない。いや、隠さない。全部事実です。(マジです)
経験則で言うと、「俺、もう成人だから……」っていうやつは子供です。なんとなく。
つーかかく言う僕も、今年で成人三年目の若手なんですが、僕はまだガキですね。
正月は徹夜でボンバーマンやってたし。負けたら呑む、みたいなルールでやってたら死んだもん。
酔えば酔うほど負けが混み、そして呑まされるみたいな敗北の螺旋。
こりゃあ敵いませんて。これが成人。
んで僕には弟がいるんですが、そいつが今年成人だったみたいです。
僕は夕方ぐらいに起きたので知りませんでしたが、滞りなくやってきたみたい。
仲間と部屋でヤンヤヤンヤ騒いでました。騒ぎ方からチャラいのはさすがバンドマン。
まあそんな糞バンドマンどもは無視して、僕は部屋でインターネット。
成人の日とか関係なしにインターネット。まだ日の沈む前だってのに、
杉山圭のAVなどをダウンロードしてました。
(もはや杉山圭に恋をしていると言ってもいい!)
すると弟の部屋がガラリと空き、「そろそろ夜の街にしけこもうぜえ!」
「なんたって俺ら成人だべ? だべ?」みたいな馬鹿ボイスが響く。
ほほう、酒場に赴くようです。まあ楽しんでくるがいいさ。
せいぜい大人になった称号を抱えて、大人気分を満喫してくるのだな。あくまで気分を。
だなんて僕も先輩顔。
まあ当の先輩は、寝グセにパジャマ、体操座りでインターネットだけど。
どう見てもニートルック。
さて、そんなニートルックの兄。やつらが玄関先へ向かう足音を聞きながら、
重大なミスに気がついた。なんと部屋のドアが開いている。僕の部屋が開いている。
これはつまり、玄関先へと向かう弟集団が僕のあけっぴろげの部屋を、
いや、醜い僕のそばを横目に通り過ぎるというわけだ。不味い。僕、今ニートルック。
僕を見たバンドマンあとで「お前の兄貴、超きもくね?」「つかニートじゃね?」
「おう、あいつニートだかんよー。マジキモ」みたいなこと言う。僕かなしい。
あー。これはいかんよー。惨めだよー。そう思った僕はやつらが通り過ぎる前に、扉を閉めようとした。
あいや待て。やつらはもう既に僕の部屋を通り過ぎようとしている。
そこをぼくが駆けていって、ドアを閉めたらどうなるか。
シミュレート――さながら何かを隠すようにしてドアを閉める僕。バタン!
「え? 何あいつ?」「感じ悪くね?」「つかお前の部屋なんか興味ねーし」
「つかニートだし」――シミュレート終わり。はわわわわ、新成人怖い。
どう転んでも僕を馬鹿にするシステムです。
そうこう考えてるうちに、やつらが通り過ぎた。わわ、ほんとにきやがった。
横目で見ている、いや、見てらっしゃる。目線を合わせたら駄目だ。
僕は重要なプレゼンをパソコンで作っている。そういう設定にした。
お前らのことなんか興味ない。そういう設定にした。ニートルックだけど知らね。なんとかなる。
やつらが通り過ぎる間。さながら悠久の長さだ。早く行け。僕にかまわず行け。
お前らの人生を突き進め。
「おにーさん、お邪魔しましたっすwww」
やめてー! 違うよー! お前らに求められた行動はそれじゃあない。
何食わぬ顔して素通り、それが大人のマナーなんだよ。ニートにはニートらしい接し方を。ね?
そんなアクティブに接しちゃだめなんすよ。まずチャットから始めよ? ね? ね?
つかこいつらチャレえ~、こええ~。やっぱ駄目だよー、
お前らみたいな高貴な身分(バンドメン)とは話せないよー。こえーよ。
内心しどろもどろになりながら、僕は次の言霊を宙に吐いた。
「ああ、はい。お邪魔します」
言っちゃった。うん、僕言っちゃった。「お邪魔しました」って言われて
「お邪魔します」って返した。
それはもう、「おはよう」に「おはよう」で返すぐらいのノリで、自然に滑らかに。
言った後で激しくどもった。「あ、僕間違ってるなー」なんて思いながらどもった。
僕はこの家庭の子だものなー、お邪魔はしてないよなーなんて、心の自分は笑ってた。
そのあと、0.7秒ぐらいの間があった。この間、やつらの脳神経に
僕に対する蔑みの電流が次々と運ばれているのがわかった。
「きもい」「おかしい?」「ニート」「変人」「パソコン」「ネット」「童貞」
あらゆる負の感情を運ぶ微弱電流は、やつらの脳隋でいっしょくたになり、
海馬へと突撃した。
かくして奴らの海馬に、新たなる新領域、「兄貴は気持ち悪いニート」領が確立されたのだ。
それは数年の時を経てもなお消え去らない絶対領域であり、それは僕を見るたび、
弟を見るたび、侮蔑の信号をやつらの脳に送り続けるのだ。
世の中には二種類の人間がいる。侮蔑する人間とされる人間だ。
俺は奴らの中で、侮蔑される人間としてカテゴライズされた。もうだめだ。
しかし献身的な僕の侮蔑されっぷりは、奴らの心を優越感で満たした。
やつらは他を蔑むことで、自分の相対的価値をあげようと努力した。
そしてその心の安定が一時代を築きあげるに至るのかもしれない。
新成人として申し分のない働きを約束されたのだ。
そしてみんな幸せになりました。
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(14位ぐらいだと思うよー)

“成人の日 By Y平” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    下の記事といい、やっぱY平君クオリティ高いなー。
    うちの弟も成人式だったんだけど、5日くらい家に帰ってこなかったよ。
    実家でずっと家にこもってた俺とは違うとおもたね。
    兄貴は引きこもり、弟は放蕩息子。
    親が不憫でたまらん。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あやうくY平くんに殺されるところでした。
    ギブ・ミー・酸素。。。
    俺、弟だけど、そんな飛んでませんばい。
    弟にもいろいろな種類があるってことですね。
    にしても、ホント毎回Y平くんの計画的言動には参ります。

  3. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    >やめてー! 違うよー! お前らに求められた行動はそれじゃあない。
    Y平さん面白い(´Д`*)

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    バル君>
    まじでー? なんかウチの弟と不義具合が似てるな。
    成人したからこそ親になにか……みたいな心がけを持ちたいよね。
    あくまで願望だけど。(僕は2005年成人の日何してた? 吐いてた)
    バル君ひきこもりか……僕と似てるね。
    どっちの親も難渋してるだろうね。バル親もY親も。
    GUMOL君>
    飛ばない弟が羨ましい。やつは飛んでるもの。輝いてる。バカだとも思う。
    けどそれでいて、将来が明るく、かつしっかりやっていけそうなのは
    弟のほうだろうなって思うんだよね。悲しい!
    ギブミー行動力!
    名無しさん>
    その言葉で生きてる(じーん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。