先行上映編。

えー、Y平さんの「バカマラソン」三編作が公開されて
完結した。
この後の僕の投稿はかなりプレッシャーだ。
でも、頑張ってみようと思う。
金曜、土曜と僕は六時前からバイトだった。
分からない人のために一応説明。
僕はとある映画館のフードコート(食べ物売り場)で
せっせと汗をかきながら働いているのである。
(揚げ物のときとかマジで暑い。)
金曜日は7月1日。
映画館で1日という日は日ごろの感謝の気持ちを込めて
全作品がなんと1000円で鑑賞できるという
映画を観る側にとっては貴重な日だ。
しかもこの日は金曜日。
つまり、平日の1日とかならみんな仕事やら学校やらで
観に来ても夕方とか夜に客足が傾くが、
なんせ金曜。
めちゃくちゃ人が多い。
もうある意味 「13日の金曜日」 だ。
あー、やだな~。しかも学校から帰ってから
まだ30分くらいしかたってないのにバイトなんて。
「あぁ。」
でも仕事放棄なんてできやしない。
やるしかない。
ないない。
水曜日に上映開始された「宇宙戦争」も
もちろん1000円で鑑賞できるとあって
かなりの人がこれ目当てで来ていた。
準備をいつもよりもガンガンして、
いざ、上映開始!!
「ごはあっ!!超忙しい。」
もう客なんてみんな同じに見えてきた。
しかも家族連れの客なんか一人一人が食べたいもの
買うもんだから4000円とか合計がなってるのもいた。
僕はこんな客にいつも思うが、
「映画代より高いやん。」
そう思えて仕方がない。
まあ、僕らの収入に変わると考えれば
ありがたいのだが。
こんなことを忙しいときに考えていたときのこと。
なにやら以前のようにチケット売り場のあたりが
騒がしい。
この話については「先々行上映編」を見てください。
「また、奴が来たのか??」
20050703124427.jpg

と、他のバイトの人と話していた。
すると今回は何やら白っぽい格好のやつがいた。
彼は手にライフルのようなデカめの銃を装備してウロウロ
と付き人(なんかの担当者かな)とお客にちょっかい
をかけていた。
たしか、
20050703124514.jpg

↑こんなやつ。
僕はSWに詳しくないので名前がわかんなかったが
検索してようやく分かった。
「ストーム・トローパー」というようだ。
(こんなベタなキャラの名前も分からんのかと、
SW好きな人からは言われそうだが仕方ない。
だってほんと知らないんだもん。)
トローパーと付き人はなにやらうちの事務所の人と
知り合いらしくなにやら話をしていた。
もちろん僕らは忙しい。
すると話が終わったようで、事務所の人が
トローパーと一緒にこっちに来るではないか!
注文で並んでいるお客のストレスを和らげるために
彼を起用したのだ。
こちらとしても機嫌の悪い客相手よりも
少し映画の世界に来たような気分に
浸っている客を相手にするほうがいい。
この企画には賛成だった。
しかし、その後のこと。
なんとトローパー君が僕らの聖域(レジ側)にまで
入ってきちゃったのだ。
「君、状況は読めてるのかい?メッチャ忙しいんだよ。
しかも全身変装だから僕らも移動しにくいんだよね。」
なんか作ったドリンクなどを一度トローパー君に
渡してそれをお客に渡すということがしたいらしい。
これも並んで待っていた客のメンタル面を考慮しての
パフォーマンスなんだろうけどさ、
「はっきりいって効率悪すぎ。」
もう軽い苛立ちさえ僕にはあったよ。
(ちなみに他のバイトの人も同じ気持ちだったらしい。)
しばらくすると、「ここはもういいや!」的な
感じでほかのところへと行って
来客たちのカメラフラッシュ
を浴びていた。
そうしてようやくひと段落着いたときのこと。
さっきのトローパー君がなにやらこっちに向かってきた。
しかも何かを伝えたいらしくジェスチャーをしていた。
どうやら設定上口でしゃべらないらしい。
唯一口を開くのは付き人だけな感じ。
そして、そのジェスチャーは
「何か書くものありませんか?」と、
僕らには伝わった。
(初対面の人と伝言ゲーム成立。)
ペンと紙を渡すと何やら英語でスラスラと書き出した。
当時の実際書いたメッセージがこれだ。
20050703122945.jpg

Can I have water please!」
かなり水分補給したいようだ。
ぼくは急いでwaterを用意してその人にパス。
彼はマスクをほんの少しずらしてそのwaterを
グビリ、グビリとあっという間に飲み干した。
(確かに全身衣装に包まれてるから汗とかで
水分減っちゃうもんね。)
ココで気づいたが、トローパーのなかの人は
外国人のようだ。
さっきの流暢なペンさばきでのメッセージ、
そして、ハリウッド級の肝っ玉の持ち主であることから
そう理解できた。
彼はその後も記念撮影やらうろちょろして知らない間に
家路へと帰ってしまった。
僕らも彼には少しながら忙しいときの疲れを
忘れていたと思う。
「ありがとう、ジョンソン。
 
       いやいや、トローパー君。」
そして、土曜日。
この日こそSWにはもってこいの日だ。
なぜなら、SWEⅢの先行上映の日だったからだ。
と考えると、トローパー君一日登場するの早まったか?
と思いつつ彼はこの日も登場した。
さすがに昨日の疲れがまだあるのだろうか
あまりお客と絡もうとしていない様子。
僕らのフードコートの近辺なんか近寄らなくなっていた。
「昨日の僕らの忙しさで申し訳なくなったのかな。」
と、解釈できた。
僕は、二編作品に仕上げてみました。
感想お願いします!
ココをポチリーノしてくれると
少しだけSWが好きになるかも・・・


20050703124427.jpg

みんなの夢を壊すなー!

5 Replies to “先行上映編。”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ぶんぶんお疲れ様☆
    大変やったねぇ。。。
    そんな事言う私も、やっぱり安くなる
    レディースdayとか1日とかに映画観に行っちゃう方なんだよね(>_<)
    やっぱ、1000円は魅力!!
    そんな単純な客にめげずにこれからも頑張ってね(*^^)v
    ではでは、さいなら☆彡

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    二部作とな?これは魅力!!映画見タイガー!しかしお金がナイガー!さらに暇もナイガー!ッてこんなん書いてる時点で暇なのか、、後半も期待ガー!

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして、リトでーす!
    ぶんぶんさん、映画館のバイトやってるって?・・
    ・・・・それは、DAI子!!(ここでは、魅力 の意味)
    ぼくも、ママと一緒にぶんぶんさんのこと、見守ってるからねぇ!   まぁたねえ!

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >hanaさん
    ほんと週末は疲れました。でも映画のバイトは飽きが来ないのでたのしいっすよ☆
    まだまだ続けられそうです!
    >DAI
    二部作ってのは前回のが一部だったんだよね。
    期待させてすまない。今回ので完結なんだわ。
    >リトさん
    はじめまして~!
    映画館のバイトはなかなかお勧めですよ☆
    ただもう少し自給がよければな~
    と強く思ってます。 グフっ!!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやあ、いいねw
    その外人さんだって、「あ、オレ今邪魔になってんな」って
    思ってるって。
    思ってるのに仕事だからどけないんだぜ?
    なんだそりゃ、おもしろいよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。