使命感とあずき By Y平

毎日更新とかドコのバカがほざきましたか? 毎日更新する意味は?
つまり対価はあるのかね? (ないっすー)
しかーし、どうやら昨日からアクセス数がバカ伸びしている模様。
これはもう学校とか職場とかで、
「Y平が毎日更新し始めたってよー、あっちいあっちい、毎日見るべ佐々木―」
ってな感じで見てくれてる読者がいると考えていいっすよね。そうなると僕も思わずニヤリ。
読者さんのために、精一杯毎日更新するぞ☆ なんつってね。
思えたらいいっすよねー。いや実際。むしろ「読者のため☆」とか思いたくないっすよ先輩。
なんだよ読者のためって。ばかですか貴方はー、バカですかお前はー。
おお、誤解を生む発言。今夜は荒れますな。
違うよ。違うよ。僕は読者を軽んじてるわけじゃあないんだよ。
あなたのことは大好きです。「読者のために書くぞう」ていう
プロ意識めいた奢り高ぶりがムカつくのよ。この高慢自分が。プロぶりやがって。
あぁコラ? 金貰ってからプロぶりやがれ。お前は22だ。
22で文章だけ書いて金を貰ってるやつの名前をあげなさい。
えーっと……綿谷リサ。それから……誰かいる?
ほら見ろ。プロになる壁が分かったか。ちなみに「綿谷リサ」は
「綿谷」ではなく「綿矢」と書き、正確には23だ。てめえ恥ずかしいな。
危うくそのままアップしちまうとこだったじゃねえか。とんだプロ様だぜ。wikipedia最高。
といっても、ある程度のプロ意識は持ってていいと思うので頑張りまーす。
むしろ無償でプロ意識を持つってのは偉いじゃない。孤高のプロ。
お金は関係ない、自分の能力の研鑽のみにつとめたい。この姿勢よ。
これこそ真のプロであり、MATUZAKAなどは僕から言わせたらプロじゃねー。
ぶるぶる。超えた。今僕は大リーガーを越えた。
超えてない。ということでプロ様の今日の更新です。
プロ様は最近ヘッドホンにはまってるんですわ。ヘッドホンすごい。
脳髄に直接響くような感触。いくら大音量にしようと他人に漏れない機密性。
すごい。なぜ今まで使わなかった。これを何に使おうか。
何に使おうか。ナニに使った。
PC起動。「LSI設計演習」というフォルダを開くと、その中にある
「辻あずき ~朝比奈くるみの冒険 コスプレギャラリー~」をダブルクリック。
ハルヒのコスプレ物や。起動の待ち時間を使ってヘッドホンをPCにズブリと挿入、装着。
あずきちゃん出たー。げへへげへへ。この娘、異常にかわいいですばい。
正上位が始まって2分。あずきちゃんは、騎乗位に体を変えると
カメラ(僕)に向かって「えいっ! えいっ!」などと掌底のような突きをかましてくる。
ふ、不自然! 何この演出。何でカメラに向かって掌底?
君の掌底なんか効かないなーなんて思ってたら、
あずきちゃん膨れっ面。今度は力を入れて、「ええぃっ!」
あずきちゃんの100%掌底が僕に突きつけられたと同時に、
男優さんの強烈な突き上げ。「ゃん!」
か、かわええ。この娘はかわいすぎるで。んで、その娘の声がな。
ヘッドホンと言う文明の利器によって、僕の脳髄に直接掌底を送ってくるわけです。
「えい! えいっ!」っていうぶりっ子声が僕の脳内で響く。たまらん。
たまらんですばい。それ以上に、どんだけ音おっきくしても音が漏れないのがgood。
このヘッドホンすごい。調子に乗って音でっかくする。「えええいっ!!!!!!!」
鼓膜破れる! ヘッドホン最高! どぶり。さてニュース23でも見るか。
そんな感じで最近「辻あずきライフ」を楽しんでたんすけどね。
まあご他聞に漏れず今日もいたしました。さっき。
ヘッドホン装着。カモン、あずきちゃん。今日のフィニッシュポイントも
やはり「掌底シーン」。それにあわせて自分のテンションを高めていく。
正上位からスタート。半脱ぎのあずきの体を見ながらシェイクアップシェイクアップ!
っと……ちょっとペースが速いな。もう終わりそうだ。よし、少しペースを緩めるか。ふう。
その緻密なコンディション作りはブルペンにいる中継ぎ投手のそれ。
登板(掌底シーン)と同時に最高の白いものを投げるための肩作り。
さあ騎乗位がはじまりました。こっから、こっからだ。登板まであと50秒。
ブルペンもにわかに慌しくなり何かが先走り始める。と、ここで感じる違和感。
あずきの声が全然響いてこない。「あん、うん、だめだよう」
うん、かわいいけど、声がちっせえ……そういえば、このヘッドホン
たまに聞こえが悪くなるんだよなー。しゃらくせえ。音量アップ、MAX。
ここで「掌底シーン」突入。 「えいっ!」
うん? やっぱり音がちいせえな。マックスだぞ。
おもむろにヘッドホンを外すと、パソコンスピーカーから聞こえる
「えええいっ!!!!!!!!」という、あずきの咆哮。ギャース、うるせえー!
隣の部屋ばあちゃんいる。まさかの接触不良。ヘッドホンつながってない。
音ふつうにスピーカーから出てた。今までずっと丸聞こえ。
大音量で家庭配信されてた僕の登板(AV)。
慌ててヘッドホンのプラグをひっつかむとグリグリと調節。直らない。
「えええいっ!!!!!!!」うるせーあずきー!! ……はっ、馬鹿な!?
プラグぐりぐりする前に音消せよ! バカか自分、バカかじぶんわー!
えっと、焦るな。ミュートボタンミュートボタ「えええいっ!!!!!!!」
殺すぞあずきー!! 襖がスラリ。ばあちゃん登場。「えええいっ!!!!!!!」
↓ここをクリックするとランキングに投票されます(現在12位)

13 Replies to “使命感とあずき By Y平”

  1. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    吹いたwwwwwwwwww
    あ、遅れましたが、いつも楽しみに見てます。
    「読者のため」のくだりは思わず唸ってしまいました。
    そして後半とのギャップ。これは吹かざるを得ない。
    結論:勝手にリンク貼りました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    は、初コメで緊張気味っす!
    僕なんかが多重人格にコメしていいのか…(と思いながらしている)
    最高に面白いwバスの中で吹いてしまったww

  3. 辻あずき alice

    ■規制
    ■お買い物メモ 2007/06/01
    ■使命感とあずき By Y平
    ■[アイ]ラムタラで
    ■泡
    ■コレに手を出したら人として何かが終る気がするぞ……
    ■[ハロプロ]美勇伝
    ■[アイ]ハロプロ系

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。