辞世のブログ更新 その1 By Y平

 まだ夏休みですよー僕。毎日何かしらやっております。バイト、読書、観劇、楽器、旅行、恋愛云々。自分で言うのもあれだけど、これは充実した休みっす。僕は輝いております。あ僕は輝いております。
 そんなゴールデンな僕をアピールしておいて次に言う言葉は「欝です……」の一言であります。今日家に帰ったらなんかこう、目の焦点は定まらないし、なんか足は痛いしで最低です。指もうまく動かなくなって最低です。現に今の文章打つのも必死です。例えば、頭が「文章」と打ちたいっつー指令出してんのに、ディスプレイには「ぶんよう」って字が何度も何度も浮かぶ。そのたびに僕はバックスペースキーを押そうとすると、指の下に滑り込んでくるのはエンターキー。いや、違う僕の指がエンターキーの上に滑り込んでいく。暴走。うまく動かない指。動けよ! 動いてくれよ! 泣き叫ぶは僕の心。
 ……ウェイト。これは、指のせい……か? この指のシャープかつ確実におかしな挙動。それはシンジやアスカが「動けよ!」と言ったところでうまく動くようなレベルではなく、もっとこう、体のうちの悪玉的パッションが僕の指令を阻止しているような、そんな感じがする。そこで脳内にカットインするは医療的な考察。まさか……脳的なものの血管的なものが破れたのではあるまいか。
 そう思うと、今までの人生でおかしな点が浮き出してくる。人と比べて呂律が回らない気がしてきた。「おはようございます」を言うときによく噛んでた思い出もチラホラよぎる。確定。絶対切れてる。絶対血管とか切れてる。数時間後僕はいびきをかきはじめ、そして突如として訪れるのは死とか言う恐ろしいやつ。時間がない。僕はなんとしてもこの辞世のブログを書き上げねばならぬ。先日追い詰められないとブログ更新できないっつー精神でもって、わざわざ漫画喫茶でブログ書いてた僕だけども、今度は最高に追い詰められた。死とかすごいのが追い詰めてきた。これで書かなきゃ嘘でしょ。だから今夜は僕が脳卒中で死ぬまで、更新を立て続けにやったろうと思います。昨日日記をサボった罰だとかそんなのじゃありません。大体僕は誰のために、どうして罰を受けなきゃいけないんだい? とりあえず今から死ぬまで書き続けます。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

2 Replies to “辞世のブログ更新 その1 By Y平”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ファミリーサポートセンターとは、急な残業などで、一時的に育児や介護のサポートを受けたいというニーズに対応するために、地域社会で保育所までの送迎などの補助的な世話を行う会員制の組織のこと http://malvaceous.rcrane4law.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。