辞世のブログ更新 その3 By Y平

 脳卒中で指が動かなくなったはずでしたが、段々動いてきたので腹立ってきました。今、僕の理性と中枢神経的なものが大喧嘩して、指に向かって「空気嫁」だなんて罵詈雑言を浴びせてるところです。まったく、ほんと空気の読めない指なんだぜ。
 えっとくだらない話を枕に続きますのは前回の続きなんですが、高い金払ってわざわざ大学に「らき☆すた」見に行ったわけです。これだけ見ると「うほっ! ガッコでらき☆すた見れんの!? どこ中どこ中!?」などとエナジーに溢れた人たちがムハムハすると思うけど、落ち着いてその1から見てください。ちなみにどこ中かは教えられません。(ヒント : 鳥取砂丘)
 して、DVDプレイヤー様があるサークル室にたどり着いたわけなんすけど、ゴミ貯めみたいになってたので多少なりともひいた。確か最後にここに来たのは八月の終わりごろなんだけど、明らかにゴミが増えてる。現役メンバーは一度も使ってないはずなのにゴミが増えてる。夏休み中誰も飲んでないはずなのに、ゴロゴロとマックシェイクのコップが落ちてる。
 得体の知れない闖入者の影に怯えながら、僕はゴミダメの中に入っていく。あとから来た先輩に機材を渡して、さて、こっからが本番。このゴミダメの中心で「らき☆すた」見ようじゃないか。オラわくわくすっぞー!(ちなみにゴミダメの様子は下記の通り)
KIF_1774.jpg

KIF_1775.jpg

 始まって数分。とたんに集中力を奪われた。なぜ? あちぃもん。扇風機しかないサークル室は異常な熱気を帯びており、とてもじゃないが閉め切ってアニメ鑑賞なんてできる環境じゃない。え、なぜ閉め切ったか? それは……その……恥じらいですな。大学で「らき☆すた」見るとか中々恥ずかしいじゃない。だって、ドア開けたらもろに外からテレビ画面が見えちゃうんだよね。テレビの配置がさ、問題。そんな甘い考え、持っちゃいけないですか?
 と自問自答したら、「いや、それはダメっしょー!」と生真面目な自分が警告してきたので耳を傾けましょう。耳を澄ますとどこからともなく声が聴こえる。「自分の好きなものを恥らってどうすんの? 好きなものを好きって言えない意気地なしが、今後の人生生きて行けるの?」いや、もっともだわ。ここだけ聴いたらすごい正論に聴こえる。チャライあいつも、ヤンチャなあいつも納得の正論ですわ。恥ずかしがることはない。つーかよく考えたらどうせ夏休みだし、学生なんていないっしょー。だいじょぶだいじょぶ。オープンザ、ドア、アンド、ウィンドウ!
 開け放したら涼しくなったけど、なんかものすごい数の大学生どもがサークル室の前に溜まってたので閉口した。いつの間に。見てたらなんかのサークルの集まりらしい。僕は「夏休みに何集まってやがる」などと毒を吐いたりしたが、よく考えたらサークルって本来そういうものだった。ちなみに僕のサークルは12月まで活動予定がありません。異質なのは俺達?
 というわけで、開け放したサークル室と書いてゴミダメの前にタムロっとるのは、若々しい男女10数人です。キャピキャピした口調で冗談を飛ばしあう男女達。「僕私、青春してます!」オーラを全面的に出しながら、ゴミダメの中心で「らき☆すた」を見る男をチクチクと攻撃してきます。僕はその攻撃がさも効いてないかのように装い、視線はキッとこなたサイドに固定。眩しいほどの青春を見まい見まいと努力する一方で、聞こえてくるのは男女の嬌声また嬌声ですわ。時々僕のサークル室を、痛そうに覗いているときに出るであろう、「うわあ……」とか言う声が聴こえるのは気のせいだと思う。だって今、僕がテレビで見てるのも同じ青春だもの。ほら、パッケージに「学園・青春・アニメ」って書いてあるし。
 そんな僕の状況を知ってか知らずか、テレビに映る「らき☆すた」はギャンギャン本気モードへと移行。こなたつかさかがみみゆき4人で入浴してるシーンの始まり始まりパチパチ。アングルは基本、首から上、後姿、後ろからの俯瞰の三種類だが、首から上というよりは乳首から上という極めて好まれそうなアングルがチラホラ散りばめられていてナイスと思いきや余計なお世話だこの野郎。背中には、青春を謳歌してる大学生、前には乳首から上の萌え絵。その中央に鎮座しますは僕。みんな青春なのにすごい空気。僕だけ貶められてる嫌な空気。そりゃ血管もやぶれる。
 後ろを向いて現実の青春どもを見やると、ガチで女の子がひいてたので、こっちもひいた。というかムカついた。くそう。なんだ。何も知らないくせに。僕は決して、このアニメを見て「萌えええええ!」とか低次元な空気で喜んでるわけじゃねーんだぞ。くそ。てめえ、この声優さん。平野綾の声の異質さとすごさ、分からんか? クソ! 見てもねーのに批判しやがって! え。僕はこの平野綾の声がすごいので見てるんじゃ、ドアホ。言うまでもなく萌えとかそういうんじゃない、ただアマの人形劇師の僕として、アクター的な僕として、畏敬の念を払って見とる。それは純粋な芸術と向かいあう気持ち、ストラディバリウスを手に取るバイオリン奏者と同等の真剣みで、「らき☆すた」と向かいあっとる。それは、先入観から本質を知ることを放棄したあんたとは比べ物にならない差だ。俺とお前の差だ。それに君達青春野郎どもはよく言ってるじゃないか。「なんでも経験するんだ! 僕私はそれでどんどん輝いていくのよ!」ってそんなニュアンスのことを声高に叫ぶじゃないか? しかるに君達の態度は何だね、そういったことだから……え、何だって? でもキモい? それを言っちゃあおしまいだよのび太君。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

“辞世のブログ更新 その3 By Y平” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。