AVショップ桃太郎書店に逝く By Y平

 ということでこの前、その筋では有名なAVショップ、桃太郎書店(瑞穂店)に行ってきた。
 という一見最低のクダリで日記を始めると、多くの方が嫌悪感を抱き、ネット上だけでなく現実でも僕を叩き始めるので待って欲しい。待って、一度よく考えて欲しい。
 お前ら僕を軽蔑しちゃう組の方たちとて、AVの一本や二本見たことがあるはずである。無いとは言わせない。無いは無いで奇妙であることを皆分かっているはずである。なので男にはこう言う。「お前らだってAV見るくせに」。また、女性ならば「男の子だものね」などと自分は男というものをまったく分かった気になって鼻を鳴らしている奴ら。そいつらに「じゃあ僕がAVショップ行ったところで、何の弊害があるってんですか!」ってヒステリーにわめく。それが僕に残された唯一の抵抗の道、のように思える。
 待て。違う。問題はそこじゃない。例えば、殺人犯などに、「お前も殺人犯したから、俺、お前殺していいよね?」などと言い寄れないのと似ている。そんな目には目を、歯には歯をという次元の話ではない。誇りの問題だ。
 考えろ。まず軽蔑することしか知らぬ男共。お前らが始めてAVを手にしたときのことを考えろ。十中八九、それは友達の兄貴のものだったり、運動場の裏で拾ったものだったりしたはずだ。つまり、お前が自分の恥と金を代償にして手にしたわけではなかったはずなのだ。無論、例外はある。年齢詐称してまでツタヤやゲオなどでAVを借りまくっていた、猛者もいることであろう。しかしそれは10パーセントに満たない例外であることは、想像に難くない。
 そして汚れを排することが唯一の正義とお考えのクソ婦人達も考えろ。お前らは汚れを一切知らぬことを崇高のものと考えておきながら、アレの下手な男を小ばかにし、それで優位に立ったかのように錯覚する。この行動における矛盾、汚れを嫌うくせに、汚れを知らないとできない行為を知らないことへの罵倒。これぞ女心の複雑なところ。って阿呆。どんなヒステリーじゃい。
 夜な夜なの欲求を満たせるのも、円満な夫婦生活で離婚を防いでいるのも全てAVがあるが故である。そしてそのAVを死地(AVショップ)からお前らの性生活に持ち込んでいるのは常にAVを買ってくる勇気ある先駆者達である。つまり、お前の兄貴とか、マニアックな叔父さんとかのことだ。
 さあ、そこで。僕はその死地へ繰り出す側へとついに第一歩を踏み出したわけ。批判なんかさせねえ。なぜって? 俺は言ってみれば危険な野生動物の毛皮を狩ってくるハンターに等しい。して、お前らは「毛皮反対―!」と正義満面のバカ面で叫ぶ、毛皮のコート着たブルジョワ階級といったところ。一体どちらが愚かなのかね。
 とまあ、一しきり言い訳を吐いたところで早速AVショップの話ですが、入店して早々、目の前に「あかり 9歳」という衝撃的なポップが飛び込んできたので、自信がゆらいだ。入り口にこれってどんなハードルなんすか。
 あかりを尻目にズンズン奥に進んでいく。両サイドから、一面に埋め尽くされたエロスDVDが僕を精神的に圧迫する。思わずナニが立っちまいそうになる。かと思うと、「盗撮!」というこれまたストレートなポップに、田代まさしの似顔絵がついていて危うく吹きそうになったりする。妙に似てるのがツボだ。才能の無駄使い。
 さて、エロスの毒気に犯されながら店内を見回す。時刻は昼の2時。堂々とエロスDVDをドッカドッカ買ってくサラリーマン。わしゃまだ現役じゃ、と言わんばかりの腰曲がりのお爺ちゃん。どうみてもアレな人にしか見えない人などがいる。一瞬、柄にもなく「うわあ」とひいてしまうところだったが、よく考えると、僕も周りからアレな人に見えてるんだろうと気づく。途端に寛容な気分と、反社会的な気分がごっちゃになり、どうでもよくなる。いいだろ、別に。昼にAVショップ行ったところでよ。あ?
 アレな僕の狙う獲物は勿論「杉山圭」である。杉山圭の「超乳暴女」izm 8400円を手に入れるのが今回の目的である。8400円。高すぎである。通常DVDっつーのは3000円も出しゃ買えるもんだが、流通量とインディーズDVDという都合上、この価格設定。分かってはいるものの高い。クロノトリガーが11400円もしたときの感情と同じものが沸いてくる。足元見やがって。
 が、ない。超乳暴女がないのである。こんなにたくさんの、それこそ学校の図書室ぐらいAVがある店に超乳暴女がない。ワケが分からない。超乳暴女。僕はこのためにわざわざ定期の外れた新瑞橋まで出張してきたと言うのに。ノー超乳暴女でフィニッシュ? 冗談じゃない! 超乳暴女がない桃太郎書店なんて何の意味もない。いや、超乳暴女のない僕の性生活なんてそれこそ無為だ! 自慰だ!
 ウェイト。ちょっと待ってくれY平さんよ。あんたは超乳暴女という作品が好きなのかい? それとも杉山圭自体が好きなのかい?
 ハッとした。そうだ僕は……違う。杉山圭が好きなんだ。木を見て森を見ず。本質をとらえそこなうとこだった。あぶないあぶない。杉山圭さえ出ていれば、その作品が何であるかはどうでもいいはずである。無論、別の女優ではそんなことはない。杉山圭であるからこそ許される最大の譲歩である。僕はそれほどまでに彼女のことを特別視している。
 ということで、超乳暴女はやめて「爆乳爆尻 杉山圭with 素人4人」を購入。最高です。特筆すべきは「爆乳爆尻」という最高にクールなタイトルです。一体全体、このタイトル考えた奴はどこの大手請負のコピーライターだろうか。これほどまでに端的に内容が分かり、インパクトの残るコピーはない。
 帰りしなに、とりあえず桃太郎書店の会員カードだけ作っておいた。ところで1回聞いときたいんだけど、ねえ、僕どこで間違ったのかな?
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

4 Replies to “AVショップ桃太郎書店に逝く By Y平”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    長いです。枕詞が長いです。
    究極的に、人類が貞淑になると、人類は滅亡する。
    中学生の時とか、何であんなに性に対して、
    ナイーブだったんだろう?しかし、純粋すぎると
    のび太のように、惨劇になるからなぁ……。
    のび太「つくろうよ」
    しずか「何を?」
    のび太「あかちゃん」

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    安寿さん>
    どんだけドラえもんの引き出しが多いんすか(笑) そこ持ってくるとは
    ……
    にしてもあの話怖い。
    ななしさん>
    気持ち悪い勇者の誕生じゃあー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。