煩悩を払う気ゼロ 【エッセイ】

 大晦日にコンビニにバイト入ってたら、珍しくお坊さんが客としてやってきた。ははあ、やはり大晦日だけあってお坊さんも色々と物入りなんだろうな、おとそとか買い忘れたのかな、とか思ってたら、お坊さん。仏のような穏やかな笑顔でレジに来たと思ったら、どっかりとコンドームとAXEボディースプレーを僕の前に置いてきた。そしてまるでおにぎりか何かを買うように「おねがいします」と落ち着き払った声でおっしゃったので、ああ、こういうときに日ごろの修行の成果が出るのか。まったく動揺が顔に出てないものな。としみじみ思った。否。何か違う。
 大晦日に坊主がセックス。安い薬局ではなく、コンビニで買うほどなのだからよほど火急のコンドームだったのだろう。その日じゃないといけない避妊だったのだろう。
「ワシは鐘を108回ついたあと、さらに女の尻も突いてやらんと気がスマンのジャ!」
てなもんだろうか。
 というかあれは姫始め用なのだろうか、姫納め用なのだろうか。姫納めだと、よっぽど早く鐘をつかないと間に合わないんじゃなかろうか。すると、今年の除夜の鐘は異常に早いペースが刻まれるのかもしれん。
「おかあさーん、なんか今年の鐘、はやくない?」
「フフフ、それはね、お坊さんが早くセックスしたがっているからよ」
「ええ? わかんなーい」
「大人の事情よ。ねえあなた」
とか想像してたら、がぜん年越しが楽しみになるような、そうでもないような。
 でもなんか悔しいので、どうか坊主の相手方が生理になりますようにと祈って僕はそばをすするよ。ズズー。うまい。あーあ、今年最後の日記が坊主によって汚された。ちくしょう。生理になれ。あ、また。ちくしょう。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

“煩悩を払う気ゼロ 【エッセイ】” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 62bb19458980f3cdbe494855756a2286
    こないだWINS新横浜へ颯爽とスクーターで馬券買いに来た坊さんがいた。坊主だって人間。坊主だってケダモノ。修行明けなんて凄まじい煩悩の塊なんだろうな。Y平さんのフェミニストっぷりが溢れた記事ですね。一説によると生理のときのほうが女性は燃えたりするとかしないとか・・・。フェミニストなのか? 潔癖症なのか・・・?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    更新全然しないから少し不安になってました!
    今年も楽しみにしてますよー♪

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ういいさん>
    うるせーばか
    お寒さん>
    WINSに坊主www それもいい組み合わせ。
    つーかフェミニストっぷりあふれてるかなあ?
    安寿さん>
    風俗雑誌じゃなくてほんとうによかったですよ。
    赤羽さん>
    ありがとう! その声に支えられてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。