【Android】【その1】よく分かってないUI屋に( ´_ゝ`)ドヤァするためのSettingsアプリ5つの鉄則

Settingsフローチャート
「ユーザー体験を向上させるために今季のアプリの設定構成を変えました!」
UI屋から突如突きつけられる仕様変更。
どこかのUX関連のWeb記事でも見たのだろうか。
ドヤ顔のUI屋からは、設定の構成がガラリと変わった仕様書が発行される。


最悪である。Preferenceのxmlをほぼ作り直さなければならないし、
一部のfragmentは他のfragmentと統合する必要がある。
無用なバグが増える恐れもあるし、今までユーザーから特に
文句も出ていないならば現状の構成のままにしてくれないか。
……ていうかそもそもこの構成って使いやすいの?
「えーっと、Androidのことはよく分かりませんが、
 ユーザー体験はよくなると思いますので是非やってください!」
はあ、ユーザー体験ですか。2回も言うぐらいだから大事なことなんですね。
じゃあ無理してでもやりますがいつまでです?
「大変申し訳ないんですが明後日でお願いします!」
お、おおぅ、そうですか。し、死ねー!
はい。Android Platform開発者のY平です。
Androidの開発をしていると↑のような経験って
1度ぐらい出会ったことがあると思います。
(Androidじゃなくてもでしょうが)
まあ、ユーザーにとって本当に使いやすいUI変更ならば
プログラマーとしてやるのもやぶさかではないですよね。
でも、ユーザー体験というUI屋の主観をもとに
「どうしてその構成で使いやすいと思ったの!?」
っていうトンデモUIが出てくると、やる気が失せます。
ただプログラマーがそれはオカシイと文句を言っても
UIの専門家ではない場合だいたい各々の感覚による議論になるので
「お願いしますよー。こちらも頑張って考えたんですから(泣)」
(訳: おめーはUIの専門家じゃないんだから黙ってコード書けよJAVA野郎が!)
とゴリ押しで押し切られれるのがオチです。
なのでこちらは泣きながら徹夜するわけです。
でもこれっておかしいですよね。
確かにプログラマーだとUIについては疎い方のほうが多いのですが、
圧倒的にAndroidのことを知っているのはプログラマーのほうだと思うのです。
KitKatが出たと思ったら秒速でDevelopersサイトに飛んで
ひとまずKitKatのROMを焼いて遊んでみたり、
新機能のプレスリリースが出たら、英文のまますぐに読んで
Googleの思想をつかんだりと。
確かに汎用的なUIについては疎いかもしれませんが
Androidに関しての特徴をつかむのは、圧倒的に
Androidに興味の強いプログラマーのほうが早い(と思います)。
それがベテランのUI屋ならともかく、たまたまUIを考える部署に入ったばかりの
自称UI屋になめられるのですからたまったものではないです。
そうならないためにも、Androidプログラマーもある程度は
GoogleのUI思想を知っておく必要があります。
ということで今回はGoogleが提供している
SettingsアプリのUI designの記事についてまとめてみます。
すげえ長いので今回は5原則のなかの1つを説明します。
原文:http://developer.android.com/design/patterns/settings.html
これをばっちり覚えて、よく分かってないUI屋に出会ったら
「え、でもGoogle様はこう言ってますよ( ´_ゝ`)ドヤァ」
してみてください。
勘違いしないでほしいのは、UI designを覚えるのは
ユーザー体験のためではなく
よく分かってないUI屋に( ´_ゝ`)ドヤァするのが目的です。
(結果ユーザーが喜んでくれるのならば目的なんてどうでもいいですよね)
ドヤポイントをつかんでよく分かってないUI屋を
ぶち倒しましょう。


目次:
1. その設定ってそもそも設定? ← ★今回
2. 似たような設定値を視覚的にグループ分けしよう
3. 設定の目的に応じてUIデザインを変えよう
4. 各設定のDefault値を考えよう
5. 各設定についての説明を明快に


1. その設定ってそもそも設定?
settings_flowchart.png
まず大前提として何でもかんでも設定に盛り込むのは
やめるべきです。設定はユーザーにとってはできればやりたくないものですし
設定を行うべきシーンというのを極力減らすようにすべきです。
アプリを開きその設定を見た時に
ぶわあっと訳の分からない設定が羅列されていたら
げんなりしますよね。
しかしですよ。
そもそもそれって設定値じゃないものが
設定としてリストされてませんか?
そんなときのために設定値にすべきもののCriteria(基準)を
上の画像のようにGoogle様が示してくれてます。確認観点は3つあります。
その1:ただの情報やActionは設定じゃない
Settingsフローチャート2
ただの情報(アプリの使い方やらアップデート情報やら)は
設定値じゃないです。
そのためそういうものがリストされていたら
一括してHelp Screenに押し込みましょう。
Settingsフローチャート3
Gmailの例。Gmailの使い方などが載ってます。
よくビルドバージョンとかそういうものが設定のリストに
載っていたりとかするので、情報系は一律Help画面に。
次にActionが設定にリストされている場合は
ActionBarに入れよということ。
ていうかActionBarって何よってとこから。
図の右上の部分のとこです。
Settingsフローチャート4
カレンダーアプリの例でいうと、
カレンダーの予定を編集したり削除したりユーザー側の動作(Action)を
促すボタンですね。
当たり前ですがActionは
設定にリストされるべきではないです。
その2:どのぐらいUserは変更するの?
Settingsフローチャート5
次に、Userがその設定を頻繁に変更するかどうか。
基本的に設定というものは、
大多数のユーザーにとってほとんど変更されないもの
というスタンスが重要です。
起動するたびに設定を
変更する必要があるアプリなんて最悪です。
もしそれが頻繁にいじられそうなものならば
ActionBarに入れましょう。
ActionBarであれば頻繁に変更の必要があっても
すぐポチッと押せるので、ユーザーのストレスは
比較的低くなるでしょう。
その3:どのくらいUserに影響があるものか
Settingsフローチャート6
ほとんどの人(80%)が同じ値にしていて
再度変更する事がないならば
設定値としてふさわしいです。
そうではない場合は、その値を設定にしなかった場合
困る人がいるかどうか考えてみましょう。
いない場合は、それは設定値として選択肢を与える必要はなく、
固定値にして、そういう仕様にすべきです。
困らないのに設定の選択肢を与えてもユーザーに取っては無意味ですよね。
ただ、困る人がいる or 分からない場合は
設定にすることを推奨します。
いかがだったでしょうか。
アプリを作っていると、何かと設定にしたがる人がいますが、
こういう基準を見直すと、この設定は必要ないかもとか
見えてくるかと想います。
よく分かんないUI屋に、こんなのも設定としていれてよ! とか
言われたときに、うちはこのCriteria(基準)に乗っ取ってやってますから(キリッ)
ってやりましょう。Criteriaって英語使って言うのがミソです。
UXとか意味分からず使ってくるやつにはなんかそれっぽいことを
横文字で言ってガシっと反撃です。
次回は

2. 似たような設定値を視覚的にグループ分けしよう
3. 設定の目的に応じてUIデザインを変えよう

あたりを説明しようと思います。
本記事は隔週でupしていきますので気が向いたら
また見に来てみてくださいね。
ではまた。
【ランキング】
↓ランキングに参加してます。クリックすると投票されます。応援も込めてクリックお願い↓

【ニコ動でゲーム実況してました。】
ニコニコ動画ゲーム実況一覧

【twitter】気軽にフォローしてください→@yhei_hei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。