ドットインストールというプログラミング学習サイトが良すぎる件

 つぎつぎとやったことない種類のプログラミングをやらされる仕事してます。Y平です。
 大学と就職活動のインターンでCとJavaはかじったけれども。PythonやらJavascript、PHPやらC#。気軽に使えるとは言うもののあんまりやったことない言語って多い。で、「さあこの言語やってみよう」っつって本買ってやろうとするんだけれども、だいたい3章ぐらいで(‘A`)マンドクセってなるのは僕だけじゃないはず。つっても挫折しちゃう理由って明確で、要はこれやったら何できるの? っていうのが分からず、基本の文法覚えるだけじゃつまんないんだよね。
 そんな中。Unityでゲーム作ろうと思ってたときに「何かいい学習法ねーかなー」とネットサーフィンしてたら辿りついたのが下記サイト。
 ドットインストール - 3分動画でマスターする プログラミング学習サイト –
 いいポイントが5つある。
・説明が全て動画
・ゼロから実際に動くところまで解説してくれる
・1レッスンが3分
・このレッスンやったら何ができるかってのを必ず「最初に」説明してくれる
・レッスンの進捗管理をしてくれる
説明が全て動画
 本だとたまに説明が悪くてどこをどうやって操作したらいいのか分からないところがある。このアイコンを押してーとかこのオブジェクトをドラッグ&ドロップしてーとか本では説明しづらいところも動画だからすぐ分かる。
ゼロから実際に動くところまで解説してくれる
 海外の書籍を和訳した本とかに多いんだけど、そのままコーディングしても動かない場合が多々ある。その点、講師の人が空のファイルから実際にコーディングして動くところまで見せてくれるので、真似すれば絶対に動く。これ重要。マジで。
 「集合知プログラミング」の本とか誤植が多くて、どこが間違ってるのかまとめサイトになってたりするからね。初級者だと間違ってるところを探してるうちにプログラミングする気失せると思う。
このレッスンやったら何ができるかってのを必ず「最初に」説明してくれる
 バブルソートを使う場面なんて日常の開発でほとんど出会わないでしょ?(日常の開発ってなんだ?) そういうすぐにモノに結びつかないプログラミングをやってると大体飽きる。学生がプログラミングで挫折するのは足し算引き算できて何が嬉しいの? ビットシフトして何になるの? newしてHumanクラスが作れて何が嬉しいの? って感じでつまんなくなるからだと思う。
 なので目に見える形で「こういうことができます!」って明言してくれるのはありがたい。レッスン受けようという気になる。
レッスンの進捗管理をしてくれる
 地味にこれが大きい。本だけ読んでると、今自分がどのぐらいこの言語に精通したかってのは分からない。ちょっとはできるようになってきたかなあ程度。理解度が数値化されないと結構不安だったりする。
 ドットインストールのレッスンは受講完了ボタンなんてものが存在する。完了ボタンを押すと今自分が何のレッスンをどの程度終えたかをマイページで可視化してくれる。おお、俺は今Javascript20%ぐらい分かってるぞみたいな。しかも週1で「あなたは今週○○レッスンを受講し○○個完了してますよ」みたいにメールしてくれるんだよね。僕こういうの好きなんだよ。進研ゼミみたいで。
 というわけで、初級者でちょっとあの言語に挑戦してみようっていう人や、中級者でもう一度色んな言語おさらいしときたいって人にかなりオススメどす。僕は夢中でやってたらここ2週間でHTMLのゲームやら、プレイステーションのゲームやらが作れるようになった。
 ちなみに自分の学習状況を公開する事もできる。
 Y平の学習状況
 これを見れば今まで僕が何を学んできて何ができるかが分かる。ポートフォリオ的な感じでも使える様な気がするので活用していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。