ダツモウ! 後編

 ということで前回の日記でも書いたけどヒゲ脱毛に行ったよ。
 妻の助言によりエステティックサロン的なところではなく皮膚科に行った。最近は禁煙でも何でもお医者さんですわ。腕が違いますわ。知らんけど。
 こぎれいな受付で待っていると「Y平さぁん」だなんてナースに呼ばれる。いや、ナースがめちゃめちゃ可愛い。顔は普通なんだけど仕草と話し方が完璧に変人だった。かつみ・さゆりの髪留めボーンってやる人みたいな。ええ、変な人が好きなんです僕。ヒゲ剃ってないのが惜しまれる。
 まあ「今日ヒゲ剃ってねー! くっそー!」って思う人生ともおさらばなのである。結構なことだ。ノリノリで診察室に向かう。北大路欣也を浅黒くした様なドクターが鎮座しておる。チャレえなあおい。
 「脱毛、初めて?」なんてタメ語で話してくる北大路の肌はツルツル卵肌である。やはり脱毛したんだろうか。高須社長が自分に整形手術を施す的な。しかしあんな卵肌だったら僕の人生も変わる。毎朝10分のひげ剃り時間が短縮出来る。毎朝10分短縮出来たら死ぬまでにどうなんの? あと50年生きるとしたら? ひげ剃りなければ126日余分に生きれる。それってすごくね?
 まあ僕はそもそも毎朝剃らないので関係ない。もともと○○やめたら○○生きれる的な話は気にしないし。僕はタバコも辞めなければベンツも買わない。
 そんなこんなでさゆりと話しつつ施術台へ。レーザー脱毛だからあんまり痛くないらしい。すごいね最近の医学って。「Danger!」って張り紙した部屋に来た。放射線治療室みたいなところ。北大路がやってきて「じゃあ脱毛していきますね」っつって。さゆりさんは麻酔クリームを塗ってくれる。麻酔すごい。肌にぴりぴり来る。感覚あんまなくなった。こんだけ麻酔掛かってりゃ痛くないよな。医学の進歩はすごいなあとか思ってたらギャイン!
 北大路が何も言わずにレーザー当ててきやがった。グイってやってバン! って。目から火花出た。マジで。何それ痛すぎるし急すぎる。
 「こんぐらいなら大丈夫ですかー?」いや、大丈夫じゃないから。「はい大丈夫です」でもそう答えなきゃ埒があかないんでしょう? バチン! ギャアア! 「初めてだからジュールちょっと抑えてますからねー」抑えてこれかよ! バコン! ギャババ! 「はひ。ありがとございまふ」 バチン! バチン! バチン! ッッッッッッッッッッッッツ!
 すんげえ痛かった。痛過ぎて終わったら腹と膝裏に汗だまりできてたもん。何これ。さゆり曰く、初めてだと泣いちゃう人もいるらしいよ。お前最初と言ってる事違うぞ。レーザー脱毛だから〜の下りを忘れたか。医学の進歩なんてガン無視。
 んでお会計。13万。なぜこれだけ掛かるかというと、8ヶ月分前払いプランだからだ。月に一度。この地獄の責め苦を受けにこなきゃならんのである。いや無理でしょ。この痛みをあと7回ってどんだけ。この苦しみに7回も耐えれる人はそもそも毎朝ヒゲがそれる人だと思う。だから助けて。助けて。たすけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。