禁煙と今年の初滑り

 滑ったと言っても楽しくスノボでとかじゃない。普通に道で滑った。妻の静止を振り切り、禁煙をやぶって外にタバコ吸いに行ったら凍った道がドン! おうおうおうとヨチヨチ歩きしてたら滑った。転んだ。尾骨打った。めちゃめちゃ痛いよ。アナ雪で言えば、アナが滑って転んで「凍っちゃう凍っちゃう凍っちゃう」っていうシーン。アレの感じで滑った。現実は「凍っちゃう凍っちゃう凍っちゃう」なんて可愛いもんじゃなく、ついて出てくる言葉は「いってえ……くそ……!」と30手前のオッサンの呪詛。
 札幌に住んでいると「今年は何回滑って転んだか?」みたいな話が良く出る。今年1回目ー。とか今年は何回も転んでるとか。まだ転んでない人はドヤ顔。5月の雪が溶けきるまでに一回も転ばなければ勝ちの恒例のゲーム。どうでもいいと皆思ってるはずなのに必ずこの会話、みんな、やる。
 しかし我々中年ではなく子供であればどうだろうか。おそらくそんなことは話題にしないと思われる。子供は氷の上で転んでもなんともない。アナもエルサもたぶん「今年何回転んだか?」なんて気にしない。アナが「さっき転んじゃってさー。今年の初滑りよ」なんて口にしようものならこれはブルシットな脚本だってウォルト方面からケチがつくでしょう。
 思うにこれは老いから来る会話だと断定する。20代後半から60代のおじいちゃんまで。こぞって「今年何回転んだか」選手権が行われるのは、体が思うように動かなくなり、氷に翻弄される自己を誰かに知って欲しい。気持ちを分かって欲しいという顕れ。その心が「今年、x回転んだ」との会話をさせるのだと思う。
 そう思うと可愛いものだ。ゆりかごから墓場までとは良く言うものだが、人間誰しも赤ん坊の頃は立つだけで褒められ、そしてまた老人になれば歩くだけで若いですねと褒められる。朝は4本、昼は2本、夜は3本なーんだ? ってなもん。その中間点としてこの「今年x回転んだ」という謎の会話が行われる。思うように動かなくなってきた体、そしてアナも引くぐらいのツルツルの札幌の路面、そして今年初滑り。尾骨打った。目から星が出た。いってえ。凍っちゃう凍っちゃうじゃ済まねえぞアナの馬鹿野郎。いってえ。
 タバコ吸い吸い、尻をさすりながらアナテイストでよちよち家に戻ると、エルサではなく妻が「タバコ吸った天罰だわ」と一言。それはないよエルサ姉さん。

2 Replies to “禁煙と今年の初滑り”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    紙巻タバコやめて手巻きタバコに変えなよ。
    体に良いものとは言えないけど、確実に紙巻タバコよりも経済的で体に良い(何言ってんだろな、ワロタ)
    自らの手で巻くっていう手間もあるし、1日あたりの吸う本数が本当に少ない。もちろん巻いて置いておいてもいいのだが。
    それに、突き詰めていけば生涯楽しめる趣味にさえもなり得る代物でもある。
    巻くシャグ(タバコの葉のこと)の種類や量、巻紙の長さや種類、フィルターの長さや種類と自分好みにあれこれアレンジできるのが非常に楽しい。また、巻き方にも色々ある。
    細かいことを気にするならば、巻いて保存をしておくための方法さえもいくつかある。
    上挙げればキリがないくらい奥深く、また追求のしがいがある趣味言える。
    こったんの性格から、そんなの面倒くせィやいやい!と思われるかもしれないが、どうせ吸うなら美味しくて体に優しい(?)方が選ぶのもひとつ手かなとは思う。
    是非、興味があるならば一度、手巻きタバコの世界を覗いてみるのもいいかもしれない。
    ただ、吸い過ぎに注意。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うるせえバカ! あと、こったんって二度とこのブログで言うんじゃねえぞタンカス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。