5月10日 僕が楽太郎を嫌いなワケ

 昨夜は0時に就寝。起きたのが8時。
 もうね。ギブ。昨日の野球のダメージが激しすぎる。筋肉痛がひどすぎて起き上がれなかった。毎日野球するヤツとか怪物過ぎるだろ。覚醒して体は起きたいのに、起きれない。そのまま落語「時そば」を聴きつつウダウダした。
 12時に重い腰をあげる。ビキビキ。だめ。体を捻ると激痛が走り思わず膝から崩れそうになる。30歳でこれなら40だったら死ぬんじゃない? 野球の練習の後日、40代のおっさんが突然死。死因は筋肉痛。ありえるよ。この痛みならありえるよ。
 腹が減った。筋肉痛が痛いと言えど食わなければ本格的に死ぬ。インスタントの塩焼きソバを作りながらまたまた落語タイム。「初天神」を聴く。昔の楽太郎のやってたやつだった。楽太郎いけすかない。なんで僕、こんなに楽太郎のこと嫌ってるんだろうと思って深い昔の記憶を掘り起こしたところ心当たりあった。
 昔、円楽が楽太郎だった時代。僕が高校生の時。楽太郎がうちの高校に落語しにきたことがあった。教養深い我が校の生徒を小粋な落語で更に教養深くせしめんという試み。まあ僕はその時分、世界史で8点とか取ってたけど。教養から一番遠い落伍生徒であったけど(落語だけに)。
 んでまあ、楽太郎と楽太郎のお弟子さんみたいなのが来た。高校の体育館の壇上に高座をもうけ、まずはお弟子さんからひと話ぶったわけですが、これが面白くないのなんのって。盛大に滑ってた。完全に場が凍り付いてた。
 お弟子さんはオチらしきものを言った後、お義理みたいなパラパラとした拍手を背にすごすご退散して行った。完全に場がしらけたまま、いよいよ真打ちの楽太郎が登壇した。さあ落語するのかと思いきや、まずは枕。何の話をするかというと完全に自慢話をしていた。「自分なんかね、元がいいのか、勉強せずに青山学院大学に入ったんですよ」とかなんとか。ああ、なるほど今にして思えば、進学校だった我々生徒に対する楽太郎の精一杯のおどけ。いつも歌丸に皮肉を言うのと同様に我々に皮肉めいた笑いを。
 とはいえ、そこは高校生。自慢話を自慢話としてしか受け取れない。場は完全にしらけた。早くおわんねーかな的な。でもその自慢話が枕でこれからそれに因んだ気の効いた落語が始まるんだろうと、一部の落語好きは思っていたに違いない。だが楽太郎。自慢話をするだけして終わった。まさかの枕だけ。落語しない。落語家呼んだのに落語しないとは何事か。
 つまらねえもの聴いちゃったよなんて沈んだ気持ちで教室に戻る。しばらくすると数学担当の学年主任が来た。学年主任は数学を始める前によっぽど腹が立ったのか、「さっきの楽太郎はひどかったなー」などと、一通り楽太郎に関する悪口を言った後、「一番言いたいのはさ、落語をしろって話なんだよ!」と叫んだ。俺は心の中で頷き、その日から楽太郎を目の敵にし始めたわけである。

“5月10日 僕が楽太郎を嫌いなワケ” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そういえば、何年か前の志の輔師匠の独演会で楽太郎(現在円楽)の弟子が前座を務めたのだが、非常に詰まらなくてものの3分で寝てしまった。
    楽太郎は、私服も気に食わないねぇ〜

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    M本様
    楽太郎の弟子はつまらないって相場でもあるのかねえ。
    なんというか小さくまとまって時々毒を吐けばいい的な雰囲気があるんだよね。
    型破りじゃないっていうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。