Kernelビルドとか、飲み会とか

 今日はLinuxベースのプロジェクトのKernelビルドとか。こう、Kernelビルドをやると一人前の節がある。なぜかKernelビルドは敷居が高い気がする。といってもやってることはしょうもないこと。OSとOS間でAPIを叩くということ。サービスバスとかその辺。なんでOS間でAPIを叩く必要があるのか。なんのメリットがあるのか。未だに分からない。そもそもなんでOSを分けているのか。やりたいことは一つなのになぜOSが二つあるのか。なぜそれを連携させるのか。偉い人の考えることは分からない。OSが分かれていると? セキュリティ面でメリットが? そういうのいいです。どうせ日経ダイアモンドとか見たクソみたいな幹部が、これからはセキュリティの時代だ! とか何となく思ったのでしょう。一回自前で建てたサーバーにブルートフォースアタックだのディレクトリトラバーサルだのやってから言ってください。キックできない人にサッカーは語れないでしょう? バット振れない人に野球の監督は務まらないでしょう? ねえ、そうでしょう? 日経とか見てる暇あったらビルドしろやオラア!
 そして唐突に先輩が転勤だというので若手中心で送別会やりました。女の先輩。なんか転勤間際に妙にセクシーになった。ムチムチになった。業務面では動かない、学ばない、へりくだらないと三拍子揃ったクソ親父という名の40代の先輩の尻を叩く貴重な先輩だった。惜しい。今になって目の保養的にも業務的にも惜しい先輩。営業、開発、職種ごった煮の飲み会はいい意味で盛り上がり、惜しまれつつ終わった。もっと話したい先輩だった。エロかった。30代中盤の妙齢のエロさってほんとにある。結婚はしてない先輩だったけど、多分関東に行った暁には早急に結婚できると思います。
 んで、その飲み会で営業の先輩の話を聞いた。なんか受注金額が他の会社とかぶったらしく? かぶると法律の関係上あみだくじで受注する会社を決めるらしいよ。んで先輩、あみだくじに臨んだところ見事他社に契約を持ってかれて傷心のご様子だった。いや、すげえよ。この日のために資料を作った、SEと無理な交渉を行った、出張にもなんども行った。その挙句に最終結果がくじで決まるのだから。先輩はその日トイレで泣いたと言った。
 営業はお客様に「コストが高すぎる。もっと抑えられないの?」と詰められ、その意向をSEに伝えると「そんなのは無理だ。現場分かってる?」とまるでアホの子のように馬鹿にされ。なんだったらあいつはダメだとなじられる。その狭間でひたすら笑顔で契約をスムーズに締結させようと努力する。なんなんだ。菩薩か? 自分に技術があると思ってひたすら高圧的な態度をとる開発はその実自分のことばかりで会社のことを真に考えているのはお客様に近い営業だということを感じた。そういえば僕も、お客様先でデバックした際。遠隔のメンバーにここがバグですと伝えたところ、「そんな難しい事できません」と言われ、いや、できませんじゃねーよ。死ねよ。やれよという事があった。技術的な事ばかりではなく、お客様先に適度に出向く事も社会人のマインドとしては重要なのだと切に感じた。
 まあとりあえず、先輩はエロかった。今日はそれだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。