UI操作ばかりあるIDEはゴミクズ。あと胎教に絵本など

 今日も今日とてGPIO制御。もう一生分のGPIOという単語を発した気がする。目にするものはみんなGPIOというプレフィクスが付いているし、口にするのもGPIOのことばかり。恋人気分かな?
 が、今日はビルドトラブルで今まで作ってきたビルド環境がパーになった。いや、普通のビルド環境なら戻せるんだけれども、今回のプロジェクトで使ってるIDEが俺様IDEすぎてもうどこが何やら分からないのです。全部UIで色々操作するの。UI操作ならやりやすいのではと思うじゃない? ところがどっこい、例えばdlopen使いたいと思うじゃん。すると普通のC++だったらMakefileに-ldlって書けばいいねってすぐ分かるじゃん? でもそうじゃないの。基本Makefile書かせてくれないの。俺様IDEはなぜかライブラリの位置を絶対パスで要求してきて、やむなくビルド環境を全Grepして探すの、ライブラリの場所。んで俺様書式だから一括でコピーとかできなくて全部左クリックで色々選んでパスを指定してってヤンなきゃいけないの。ゴミ。ゴミめんどくさい。バカじゃないのこのIDE作った人。そんなわけでUI操作が主で何がどう変わったか後から見るとちんぷんかんぷん。Makefileのdiff取ればいいじゃないのと言うけれどもMakefileとかないから。ホント頭おかしいから。Eclipseが可愛く見えてくるIDEだから。
 そんなこんなで何か色々やってたら夕方にはビルド環境が完全に壊れてドライバ以外のすべてのプロセスが起動しないという終わった状態になったよ。今朝の状態に戻したつもりになってもIDEがわけわからんから何がおかしいのか全然わからないよ。ホントPC殴ったよ。とりあえず元に戻したけど、今日の分のプログラムがまるまるなくなったよね。信じられないことに別プロジェクトで保存したらもうそのプロジェクトでしか使えないからね。ソースはあるけど色々細かいコンパイルオプションとかリンクとかは全部やり直しだよね。UI操作だからね。コピペでできないからね。ホントぶち殺すぞこのIDE。
 帰宅。くさくさしていたので晩酌2缶。妻の料理は相変わらずうまかった。酔っ払いながら子供の胎教ってんで、「神様からの贈り物」という絵本をお腹に向かって読んでやった。赤ちゃんそれぞれに個性があるからみんなその個性を大事にしていこうねって本。良い本。妻の職場の人からもらったやつ。作者曰く、のんびりだった我が子を叱ることしかできなかった、でもそんなのんびりなところも個性で、そこを親が潰すなんてとんでもないことなんだ的な。まあ良いこと書いてあんの。丁寧に読んだね。んでもお腹、ピクリとも動かず。多分寝てる。親の心子知らず。でも子供ってそんなもんだよねー! うさぎなんかもっとひどいからね。茶太郎のワガママでだいぶ慣れてるから僕たち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。