単純作業と残業と

 今日も処理時間の測定でございます。作った測定用テストアプリ中級編をぶいぶい動かし測定地獄。1トライ5分の作業を35トライ実施。単純作業です。昨日プログラミングより刺身にたんぽぽを置くような単純作業の方が向いていると言ったが舐めんな。マジで精神すり減った。こう、固定の甘い動線が外れないように細心の注意しながら、手順を一個でも誤るとおじゃんになる測定を延々と。死んだわ。全然単純作業楽じゃない。後半は「死ぬ」と小声で連呼しながら測定してた。単純作業バカにしてすみません。
 夕方。ひとまず単純作業パートは終わったが、お次はテストアプリ上級編を作成する必要ある。やったー。久々のクリエイティブ作業。ノリノリでコーディングしたら動かなかった。あっれー? これスレッド分けたり色々しなきゃなんねーのか? これは結構重いけど楽しそう。そしたらキンコンカンコン終業のベル鳴った。かまわず作業を続ける俺。残業です。2時間ぐらいやって今日はこれをキリつけるぞって。したら上司が残業NGとのこと。うちの部、お金もないしメンヘラ多いしで残業規制厳しいのです。せっかくいいところだったのに。まあでも残業ばっかしても効率悪いしね。でも、なんかこう、プログラマーがノリノリで残業したいって思う時はきっと生産性上がると思うんだ。変なところで切られたら集中力が切れるしねえ。納期ギリギリに8時間残業するより、平素から1時間残業してた方が精神的にも肉体的にも生産性的にも楽だと思うんですが。でもNG。まあ残業してまたメンがヘラったらあれですし。でもあれです。きっと納期ギリギリになって「なんで間に合わなかったんだ!」 って言われつつ徹夜する未来が見えます。せ、せちがれえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。