失注と悪意

 失注した。詳しく言うと来月からのお客様からの発注を勝ち取れず、来月から仕事がなくなってしまった。驚愕。寝耳に水。青天の霹靂。慢心があった。当然のようにずっと仕事ができると思っていた。というのは言い過ぎでおそらく我々に過失はない。運が悪かった。全てはあの使いづらいμITRONのせいだった。ただ、それでも。我々がとてつもなく良い品質で、他社の管理もばっちり! どんな難題でもこなしてスケジュールも死守します! みたいなマッチョな我々であれば、無理やりにでも使ってくれたんだと思う。それがなかったということはうちもお察しの品質だったわけだ。悔しい。こんなに悔しいことはない。精一杯やっていたが慢心があった。それは否めない。
 失注しても6月の仕事は完全に収めなきゃならない。もはや使うことのなくなったOSの性能測定。いいスコアが出ようと喜べない。別にスコアが良かろうと悪かろうともはや関係ない。虚無。しかし我々はプロなので(これでも!?)しっかりと結果を出さねばならない。午前中は丸々、通称刺身にたんぽぽを乗せる単純作業に没頭す。
 午後。お客様に納品物のデモをする必要があるとのことで(もはや使わないOSで)、昨日作ったデモプログラムの動かし方を先輩にレクチャーする。しかしおかしい。動かない。昨日わざわざ2時間ぐらいかけて作ったブートSDで動くところまで確認したもの。そこでSDの中身を確認すると、なんかファイル書き換わってる。先輩に言ったところ「ああ、昨日Y平くんが帰った後にSDをKさんに貸したよ。でも書き換えてないって言ってたけど」。死ね。本当にありがとうございます。書き換わってます。チェックサム変わってるから。死ね。これもはや悪意あるレベル。デモ用のSDをデモの前日に書き換えるってキチガイすぎる。あと書き換えてないって嘘をつくのは社会人として頭がおかし過ぎる。なんだろ。俺、いじめられてるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。