名古屋ギターフェスティバル2017のサイトを作成いたしました

Y平です。むちゃくちゃ更新してませんでしたが、生きています。最近は超大手「富士通」様を退職し、小さなWeb制作会社でWebデザイナーとかやってます。守秘義務のため退職の経緯は何も言えませんが、ひとまず僕は二度と大企業に就職することはないでしょう。大企業キライ。まだ大企業で消耗してるの?

まあ好きでもない仕事をしてグダグダ社会人の7年を浪費しましたが、考えてみれば12年前も大学の講義をサボってこのブログを更新してたぐらいなので、Webサイト作りが今の仕事になってるのは必然なんだと思います。

 

ということでお仕事依頼も下記から募集してます。ちなみに会社のブログは僕が更新してます。3年ぐらい担当者が付いてなかったみたいで、デザインもSEOもコンテンツ内容も死亡気味で今大改修行ってます。大学生ブログ時代から見てるみんなは何も考えずひとまず仕事くれよな!

なぜ今更このサイトを更新しているのか

さて1年ぶりの更新ですがなぜいきなりサイトを更新しているのか? 当然のごとくWeb屋らしい打算があります。

 

というのも、この多重人格というサイト。2006年から更新を行っている経緯もあり、記事が700ぐらいあります。一時期はスマホがない時代に一日3000UUぐらいあったのでそれなりのサイトでした(懐かしのsinobiカウンター調べ)。ただ、コンテンツのほとんどは「うんこ」とか「ちんこ」とかそういう記事ばかりなので価値が皆無なんですが、700記事もあればたまにSEO的に当たっている記事があるらしい。2007年くらいに書いた詐欺脱毛クリームに騙された記事とかで未だに検索流入が結構あります。全く更新してないのに。

 

700記事書いてたらウンコみたいなサイトでも多少育つ。これがWebの面白いところ。ということで少しドメインパワーのある(あった?)本サイトから、クライアント様のサイトを紹介して被リンクに少しでも貢献しよう、というゲスい試みをしようと思います。このサイトからのリンクは果たしてプラスに働くのか否か(プラスにもマイナスにも働かないに60000点)。

 

コンサートイベントのサイトを製作しました

生田直基さんというプロのクラシックギター奏者の方が主催する「名古屋ギターフェスティバル」のサイトを作成いたしました。[Y平が作ったサイトを見る]
デザイン全体は下記のような感じ。
名古屋ギターフェスティバルサイトデザイン
ガチでしょ? 意外に冗談ではなくWebデザイナーやってます。ちなみに僕が2005年に作った大学のサークルのサイト「人形劇サークルどんぐり公式サイト」を見ると成長っぷりがよくわかります。
名古屋大学人形劇サークル どんぐりデザイン
この圧倒的テキストサイト感。俺は今でもこういうテイストのサイトは好きです。広告表示だらけでもはや訳わからなくなってるのも最高。meta descriptionの記載すらありません。ちなみにこのサイト、未だに稼働しているため、12年経った今でもまだ新人さんを募集してます。加えて言えば、人形劇サークルどんぐりは僕の代で消失しました。世知辛い。
ただね、どんぐりのサイト笑ってるやつ。お前のサイト、大丈夫か? このレベルの企業サイトは検索すれば続々出てきます。「うちのサイト、HTML4じゃね? え? ジオシティ?」みたいな方は随時僕に依頼をすれば良いんじゃないかと思います。それなりの値段でそれっぽくて人が集まるサイト作りますよ。

名古屋にあのGabriel Biancoがくる

兎にも角にもこんなテキストサイトみたいなのを作ってた僕が、ちゃんとフォトショ使ってWordpressを使ってサイトデザインできるようになったのは大変感慨深いです。なので、みなさんマジでサイト見に行ってくださいそしてチケット買ってくださいお願いします。今年は生田さんの謎のプロデュース力のおかげでガブリエルビアンコ(Gabriel Bianco)さんという、6つの国際コンクールで優勝した方も出演予定で、著名な海外勢がたくさん出演します。なんで名古屋でこのレベルの演奏が聴けるの? という感じなのでお誘い合わせの上、ぜひ。僕も行きます。札幌くんだりから。
ということで、9/2 宗次ホールでみなさんとお会いできることを楽しみにしています。ギターオフ会しようぜ!(古き良き、学生ブログノリ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。