No music No life!  By Y平

 「No music No life!」
って言いたい。おくびもなく、誇らしげに宣言したい。そう宣言することにより、俺は音楽を愛するということを示したい。ウソ、本当は音楽を愛し、センスのいい音楽を周りに宿している俺は、最高にかっこよい存在ナノダ! と世間に触れて回りたい。簡潔に言うと、「俺はかっこいいんだぜ!」と回りに主張したい! 俺はクソったらしのナルシスト野郎だ! ってね。
 というと、「また出たよ。クソY平の僻みが出ましたよ」と鼻の穴をふくらませる連中がいるのでごめんなさい。僕、音楽好きにボコボコにされたくありません。全面降伏デース。実を言うと、ほんとは憧れてるんだ。僕。
 つーかやっぱさ、音楽を語る人ってかっこいいよ。憧れちゃう。Wikiで得た知識かなんかを振りかざしてさ、合のコンとかで、音楽を語っちゃうわけ。「あのアルバムのあの歌詞にはぐっときた」とか何とか、おなごとかに語りかけちゃうわけよ。もうぐっときたとか誰でも言えるし、とりあえず芸術性があるとか、恋人の心情が、とか言っとけば成立しそうなフレキシブルな感想。いーからお前の感性ではとりあえずどう思ったんだよ! ってぶっちゃけ聞きたかったりするんですけど、それはもう完全にスルーなわけで。逆に突っ込むほうが邪道、っつーアットホームな空気感が漂っていて最高ですわ。
 で、偶然にもおなごがその感想に共感したとき(つまりwikiで得た知識が合致したとき)、もうなんか世界が私たちだけのためにあるんじゃないかって思っちゃってんじゃねってぐらいに親密度アップよ。「私たち、気があうわね!」って密着しちゃったり? ほんと実際、「おれさ~円周率100桁言えるんだZe」「あたしもー!」っていうレベルの合致とどう違うのかとか僕は心が荒んでるので分からないんすけど、臓物を吐き出して残酷に死ぬべきは、素直じゃない僕のほうなんすよねー。ホント殺して! あなたたちの手で殺して!
 つー具合に、見事に僻み根性マックスハートな僕ですわ。いや待て。聞いてくれ。他人が偉そうに語るのってだいたいがむかつく場合が多くありません? そしてそれが自分の知らない話題で、しかもその感想がチープだったり、ただの物知り自慢の領域に終わるほど、それを偉そうにひけらかす連中がむかつくってーのは、割とありな感情だと思うんだ。だってさ、僕が鼻のしたのばし、人差し指突き上げながら、ドラえもんを偉そうに語りだしたらむかつくじゃない? 「出木杉の名前は最初のほうは太郎っつー名前だったんだぜ(wikiの知識)」とか自慢げに語ってきたらむかつかない?
 もちろん、全ての音楽大好きっ子がこんな素敵な事例に当てはまるわけじゃありません。だからこれを見るすべての音楽っ子は、自分のことを棚上げして「いるいるー!」と喜んでくださればそれでよろしい。僕はいつだってフォローを忘れないんだ。
 しかし殺される。いくらフォローしても、このままでは音楽を愛すると自称する何者かに殺される。まあ待て。殺す前に聞いてくれ、僕がここまでひがむに至った詳細な理由がある。
 お察しの通り、僕は音楽に疎い。どのくらい疎いかと言うと、GLAYで言えば「誘惑」で時代が止まっている。とんねるずで言えば、野猿のデビュー。千秋で言えばポケットビスケッツ。ミニ四駆で言えば、サイクロンマグナム。
 つまりそのぐらいの時代から音楽をほとんど聞いてない。いや、正直自分でもこれはダサすぎると思う。カラオケで、他人が横文字の歌手の曲を歌っているのを見て、「あ~あ、これいいよね~」とか知ったかぶりするのもいいかげん無理がある。むしろ30代ぐらいの人と一緒にカラオケに行って、「知ってる曲ばっかり。楽しい~」と思う自分に危惧する。僕の公式設定(何に対する?)では一応、元ちとせのファンということでみんなに触れ歩いてるが、実際CD買って4回ぐらいしか聞いてなかったりすることも告白せねばなるまい。
 なぜそこまで音楽に疎くなったのか? それは「No music No life!」というファッション語にも集約されている。つまり僕は音楽を生活の一部にしてこなかった。
 僕が「誘惑」や「サマーナイトタウン」あたりに傾注し、その熱も冷めてきたあたりから、携帯音楽プレーヤーが流行りだした。当時で言えばCDウォークマンとか。さらにCDウォークマンだけじゃなく、携帯に便利なMDウォークマンも流行りだした。で、猫も杓子も通勤通学の時間帯に音楽を聴きだし、生活の中で音楽を聴く割合が多くなっていったわけだ。
 その頃の僕はというと、ちょうど家にあったCDプレーヤーが壊れた。そしてちょうどプレステ2や64の過渡期だった時期でもあり、持てる財をすべてそれにつぎ込んでしまった。
 気持ち悪いほどゲームをやり、生きる目的としてはいかにセンス○がついてる選手を引き出すかとかそういうのだった。なので、どんどんどんどん音楽芸能に対する興味が薄れていったわけだ。唯一芸能(?)で興味があったのはトゥナイト2ぐらい。当然、携帯音楽プレーヤーは買わない。買う必要がなかった。
(実は一回だけ買ったことがあります。カセットウォークマン。1980円のやつ。あれは使い勝手がよかった。なんせ巻き戻し機能がついてませんでしたからね。早送りしかないんですよ? いちいちカセットひっくり返して、早送りして、またひっくり返すという画期的な巻き戻し法に僕はびっくりしました。ま、それはノーカンで。英語のリスニング用でしたし)
 一方で通勤通学で何時間も音楽を聴いてる輩がいる中で、僕はトゥナイト2とパワプロのことしか考えてこなかった。これにより、音楽的情熱が育たないまま23になってしまったのだ。つまりいい曲を聴いてこなかった。これに僕が音楽に疎い原因があるように思われる。僕がこうまで音楽好きどもを僻み、憧れるのは、こういったバックグラウンドがあるわけ。僕は可哀そうな子なのです。だから殺すなんて言っちゃダメなんだよ野蛮人。
 しかし、しかしですわ。……ついに来ちゃったわけです。言っちゃっていい? 言っちゃっていいっすかね?
「No Music No Life!」
今ここに、僕は音楽好きであることを宣言します! いや~やっと、やっとです! 僕もあなたたちの仲間入りを果たすことができそうです。今まで馬鹿にしてきてごめんね☆
 というのも買いました! 買っちゃいました! MP3プレーヤー買っちゃいました! 最高です!
 いやあ、こうね。晴天の春の朝。さわやかな風を切り、自転車をこぐ。見上げれば、真っ白い雲がひとつ二つ。僕が疾走するあぜ道にはタンポポのわたげがモワモワとしている。そして僕の耳元ではクロノトリガーのOPが流れてるわけですわ。うわ、なんて爽やかな朝なんだろう。今日も一日頑張ろう! っつって柄にもなく感動してしまいました。押入れの中で「サマーナイトタウン」を聴いていた時代が嘘みたいだ。
 で、通学のお供を増やそうっつーことで、僕も積極的に楽曲を購入したりしてどんどんMP3にいれるわけです。で、入れているうちに、心に響く曲などがどんどんでてくるわけ。ああ、音楽が好きってこういうことなのか、音楽ってほんとに癒されるんだってシミジミ。今なら合コンでひたすら音楽の話をする連中の気持ちもわかる気がするんだ。っつーか僕もしたいし。
 今積極的に聞いてるのは「鳥の詩」ていう曲でね。ギャルゲーのOPテーマなんだけど、歌詞がほんと爽やかでさー、かつあのときさんざ苦労した情景が浮かんでくるようで最高なんだよね。……いや、なんかちょっと違和感があるな。何でだろ? 僕ってこういう目的で音楽を聴くつもりだったっけー? ……まあいっか、音楽をファッションで聴くなんて邪道だものね☆ 好きだから聴く、この純粋な気持ちは止められないよ♪
 て感じにMP3ちゃんと共に、最高の音楽ライフを送っていたのだけれど、先日壊れました。なんつーか音がまったく出なくなった。最愛の友をなくしたような感慨で、すぐさま分解という名の試行錯誤を繰り返しました。正直分解しちゃあかんかったかなー、保証的にやばかったかなーとか思ったんすけど、死にそうな恋人の前で何もしないなんてできます? でまあとりあえず、なんとか直すに至ったんですけど、困った。なんつーかね、音がステレオじゃなくて、モノラルになっちゃった。これだから素人の救命措置はだめだ。
 しかもただのモノラルじゃないよ。つまりね、「鳥の詩」で言えば、メロディーだけが聴こえて、ボーカルの声がまったく聴こえないって感じの超絶モノラル。簡易カラオケモードの完成だってばよ。いえーい。だってばよ。
 ということで、音楽が半分死んでしまった今、「No music No life!」のマニフェストを掲げた僕は半分死ななきゃいけない。だから半殺しにしてください。ほら、そこの音楽好きの糞ナルシストども。今だ! 俺を殴れ! ど、どうか、半殺しに! え? あんた、そんなので刺したら僕死んじゃうよ? え、え、え、え、え? 殺す? 音楽好きを馬鹿にしすぎ? 謝ってももう遅い? いや、だめです。やめて。おねがいです。せめて、せめて半殺しに、半殺しに。僕はまだ死にたくない。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

夢のない夢 By Y平

 例えばバイオレンスなムービー、脳漿などがバチンとショットガンではじける系のを見たりすると、すぐにそれが夢に出る。
 バイオハザードを観た後は、決まって僕の家の中がゾンビだらけになるし、アイ・アム・レジェンドを観た後に見る夢には変なきちがいおっさんが多数出演してきた。子供のころのだと、学校の怪談を観てしまったがために、学校がお化けだらけになって大変だったこともあった。
 で、それらの夢に共通なのが決まって僕はピンチになるということだ。いや、もちろん僕の夢物語には、ゾンビとかきちがいおっさんとか、多数召還されるので、必然、ピンチになるんだけども、そのピンチり方が大抵一緒なんだよね。
 というのも、僕はそのキチガイたちへの抑止力のために、銃火器を持っているんだけど、大抵それが不具合を起こす。
 例えば、ゾンビがいきなりクローゼットからドカンと出てきたので、僕はそれに向かってハンドガンを乱射するわけね。こっちは必死ですよ。夢とは思っていないわけっすからね。
 で、バカンバカン乱射するんですが、こう、何というか明らかに手ごたえがないっつーか。銃口から弾が発射される衝撃が感じられないっつーか。むしろ弾出てないような、そんな手ごたえなしなわけ。
 それで僕は、「やべえ、しょっぱなからジャムったか!?」とか微妙にリアルな原因追求をしだすんだけどそんなもん無駄。あいかわたず弾が出る手ごたえが感じられない。その間に、ずんずんずんずんゾンビさん進んできおって、ご満悦。
 そのときですわ。なんできかねえんだよ~って半泣きになりながら、なおも乱射してたら、向かいのドアからレベッカが現れて、「助けにきたよ!」っつって颯爽とゾンビの横に立ちはだかる。まあレベッカとか全然他人なはずなんすけど、おお、レベッカじゃねーかとか僕もなんか知人のフリして、意気投合。一緒にゾンビ倒すべーっつーことになるんすわ。
 でもなー、レベッカも僕と同じくパンパン乱射しとるんですが、一向にゾンビに当たってる感じがしないんだよ。明らかにゾンビにダメージいってないのな。むしろゾンビもさ、なんか困ってる。早く倒してくんないとって困ってる。なんつーか暴れん坊将軍とかで、最後の斬り合いのとこで、やることなくて手持ち無沙汰に刀を上に下にと構えまくってる斬られ役みたいな風情。たぶん僕の夢だもんで、血とか出したくないじゃない? 僕の中で脳内R指定とかがほどこされてて、ゾンビも噛み付けない設定とかになってんだろね。かみつけもしない、やられもできない。俺どうすれば? って感じで手持ち無沙汰になってる。
 で、やられない理由はというと、なぜか僕もレベッカも、実弾撃ってると思いきや、BB弾撃ってたんすわ。なぜか。エアガンでゾンビと対峙してたらしい。しばらくして僕それに気づいたんだけど、そこは夢。なんか5発に1発ぐらいの割合で実弾が出るはず、という摩訶不思議な設定を自分の中で確信しちゃったわけ。まあ、夢だから思い込んだもの勝ちみたいなのあるけど、微妙にリアルな設定なのか、何発撃ってもBB弾しか出ないんすよね。
 かくして、エアガンを乱射する僕とレベッカ、倒れたいけど倒れらんないゾンビ。みたいなシュールな絵が完成し、よく分からなくなった。分からなくなったうちに、そのうち僕も飽きたのでしょう、場面が変わって、次はハンターとかいう、カマを持った怪物相手に戦闘するシチュになった。
 そんとき僕は、ショットガンとか持ってて、超余裕。襲い来るハンターに、かっこよくバチコンと至近距離で散弾をあびせちゃるってなもんですわ! で、引き金を引く僕。
 すると、水がピュって四方八方にとんでハンターが水浸しになった。うん、なんでかショットガンじゃなくて、ウォーターガン持ってた。あのアメリカ人の子供とかが宣伝してるやつ。なるほど、排莢のシュコってやつとか割と似てるしな。……ノーノー納得してる場合じゃない。ハンターきとるがな。殺されるわ。
 っていう危機感は全然なくて、そんときの僕は「どうだあ! ショットガンの味は!?」みたいな感じにめっちゃ勝ち誇ってた。いや、深い部分では「これ、水鉄砲じゃね?」って気づいてるんだけど、そこは思い込まないと負けかなっていう意識が僕の中にあった。誰かに気を使って夢を見てた感じがした。
 で、当の水浸しのハンターさんはというと、ゾンビと同じで「えっと、俺、どうすればいい?」みたいにキョトンとしてる。やはり脳内R指定のおかげか、ハンターさんもカマを使えないらしく、やられる以外の設定がないらしい。そのためか、僕の水鉄砲攻撃に気持ち効いたような振りして演技までしてくれる。うおって感じにちょっと体揺らしてくれる。優しい人だった。
 誰かフロイト的夢分析を頼む。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

内定 By Y平

「内定出ました!」
 とか何とか、大々的にブログとかに宣伝する。いやあ、あんなけ鬱々とした日記を書いていた僕だけれども、実のところ就の活的なものは順調で、蚊ほども鬱に思ってなかった。順風満帆な面接状況をメールで確認し、ニヤリニヤリと一人笑い。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と神さまの言うとおりアブラムシ。ルンルン気分の就活生活。
 その一方で、「内定でない死にたい」とウェブ上に書きつける。死というネガティブワードを書き付け、不幸のどん底にいるダークな自分を演出? しかるに、ディスプレイの前の僕は余裕しゃくしゃくの日和見気分ときたもんだ。なぜそんなこと? それはそう、あれだ。あの感覚。テスト前に、めっちゃ勉強して、テスト当日10分前。友人との談笑の中で「ぜんぜん勉強してなーい!」とかほざく、アッパッピーな女学生の気分だね。全部全部ポーズですわ。僕のようなゴミが内定を取ったと言う逆転の驚き。それを輝かしき読者様に伝えたかった。そして何より、輝かしき読者の中の特に、僕を蔑んできた輝かしき就活生たちはゴミが内定をとった事実を受け止め、絶望しろ。滅びろ! 就活生はみんな滅びろ! バーカ! 俺はお前がだいっきらいだ!
 という日記を書いて知ったような就活生たちを馬鹿にしまくりたかったのですがうまくいきません。もっとも、この計画の90パーセント近くは既にうまくいっており、なにぶんあと少しなのですが、どうしても計画完了という段までことが運ばない。ポーズをとるところまではうまくいってるんすけどね……惜しい。え、なぜかって? ……君はそんなことを聞くのかね? またみなまで聞くのかね? 
 と、そんなことを考えてたら、先日、第二志望の企業の筆記試験を受け損ねました。完全に終わった。人生終わった。
 という括りで締めると、大抵の人がほくそ笑み、僕以外の人がみんな幸せになるのですが、いかんせんありきたりな締めですよね。ということでコペルニクス的大転回、やっぱり内定出ました。
 ギャーーーーーーーーー! やったあーーーーー! 僕はこれからこの企業に入り輝かしきキャリアアップを目指し、月残業100時間を越える労働をし、朝寝て朝起き、イカレタ頭をふりかざしながら、顧客相手にブレーンストーミング。疲れをとるために、プスプスと一、二本白いのをうつのを忘れずに。
 「ブふレストしまひょょ、ぎょひょブレスト! ぴぎー。おたくのぅを! システムのぅあ! ソルーソンを促進しぃますギャハ!」
とかなんとか涎ダラダラたらして言いながら、顧客に白い目で見られるのが僕の崇高なるお仕事! 片腕には蛆虫がわき、列をなして僕の手首から肩口にむかってウニョリウニョリとはってくる。「したぁーにい、したに!」ははあ、これは蛆虫による大名行列。分かったぞ。青や白のピカピカ光る蝶の舞い躍る空間の中で僕は一人納得する。
 その幸せキャリアアップ空間を突如乱すは、顧客の重大なシステムトラブルよ。うっひょーとってもミズホギンコほウほう!!! 糞尿を垂れ流し狂喜乱舞する僕のもとに顔面の腐りかけた鬼がやってくる。そして言う。「今日から三日ぐらい徹夜な」腐臭を放つ口から放たれた、神の啓示が僕の鼓膜を優しく暴力的に犯す。
 注射針でバリバリになったギザギザの腕を掻き毟りながら僕は、「仕事ってたのっしひひいしひいいいい!」っつって絶叫する。いったい生きるために仕事をしているのか、仕事をするために生きているのか。そんなお仕事。
 まだ内定が出てない、自称輝き就活生たち。君達より内定が早く出てほんとによかったよ。うらやましいだろ。なあ。うらやましいって言ってくれよ。お願いだから。心が折れそうなんだ。
 僕の就活は終わらない。終われない。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます

うどんはうどん屋 By Y平

 ちょっと前に凍狂から帰還しました。いやあ、ほんと楽しかった。汚いアパートも、住めば都っつーもので、悠々自適の一人暮らしを楽しめました。機会があればもう一度あのアパートに住んでみたいすわ。ネズミ出るけど。
 だが就活的には死んだ。ムカつく。よく落とされると、「自分を否定されたみたい」というモードで落ち込む人がいるが、何だかその気持ちが分かった。なるほど、これは凹む。凹むと同時に、落とされた企業に対して生まれてくる憎悪また憎悪。なんで僕がこんな目に……と悲愴的に沈んでおくのが就活生の相場ですか?
 つっても確かに僕も悪かったわ。なんつーか、やりたい仕事がマッチしてない企業を受けまくった感があった。面接のときにフッと湧き出てくる違和感。自分のやりたいことを熱烈にアピールしている最中、「なんか……違うくね?」と心に引っかかるものがあった。例えるなら、ラーメン屋行って「うどん作らせろ!」と叫んでいるような……そんな違和感。面接官たちも、「ここラーメン屋なんだけど……」というような空気を存分に出しており、気づけば部屋の中に中華的な匂いが立ち込めているような、気が、した。
 そりゃ落ちる。ラーメン屋でうどん作れるかっつー話ですわ。面接中に「あ、ここラーメン屋じゃん」って気づく感覚。強引にラーメンとうどんとをシンクロさせようとする、必死さ、あの空虚感。苦しいですわ。負け戦で突撃を命じられる武士の感覚。いっそ「すいません、なんかここラーメン屋みたいなんで帰ります」って言いたい。武士で言えば、首を取られるぐらいならいっそ自害させてといった感じ。辱めを受けるのが分かっている戦など笑止! 腹を斬らせろ腹を! 自害! 自害! JI・GA・I!
 さてここで、自己分析が足りてないから云々と言った、それっぽいことを吐くのは自重しておく。なぜって僕のブログはそういった場ではないからだ。自己分析が、圧迫面接が、外資がアパレルがとかいったような、就の活的な話題が見たけりゃ、何とかの就活ブログとか、それっぽいのを眺めればよろしい。せいぜいそれを眺めて、自分のパラメーターが上がったような気になるがいい。ゲペペペペ。
 「そうやって暗く暗く、どんどん沈みながら生きていくといいわ」
 なーんて、輝いちゃってる方達は言うかもしれないが、大きなお世話。ここは就活とかいう何やら分からぬものに対して、ひたすら暗い方角から呪詛を吐きまくるブログです。何? そんな暗いことだから? だまらっしゃい! ここは暗い僕が明るい僕に変われるよう努力するブログでも断じてない! 明るいものが見たけりゃ、明るいところに行けばいい。暗い部屋に入って、「ここ、暗いじゃないか」と言う当たり前の感想を述べるな。しからばお前はラーメン屋に行って「うどんください」と言うのか? さらに「うどんも作ったほうがいいですよ」などと、今後の方向性をも注文する、そんなお馬鹿さんなのかい? ……は~あ、呆れたね。誰にって自分自身に。
↓ 人気ブログランキング。クリックで投票されます